読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

ささいなことに幸せを。

歌作り

人前で歌うと、生きてるって感じがする。

こんばんは。仕事終わりにブログ更新です。 人前で歌うと生きてるって感じがする。 学童保育所で、歌う日と歌わない日がある。結論から言うと、楽しく歌えた日は達成感がある。今日は、1人の一年生の女の子からリクエストがあり、やることになった。「たこ焼…

浄化されない歌がある。

こんばんは。中野寛人です。今日は一日ずっと自由を満喫していたら、ある考えに辿り着きました。それを忘れないように、ブログに書きたいと思います。始まり始まり。 浄化された歌と、まだ浄化されない歌がある。 あの何を言っているかというと、自分の作っ…

甥っ子が寝ているとギターが弾けない。

こんばんは。中野寛人です。今日は休みでした。甥っ子とマクドナルドに行ったり、蕎麦屋に行ったり、ふれあい広場に行ったりしました。明日で甥っ子たちは、関東へ帰ります。そんな感じで明日からはまた新しい生活。そんな気持ちを文章に残せたらと思います…

中野寛人の歌を歌いませんか?プロジェクト

こんばんは!定期的に行なっている企画を始めたいと思います!!その名も中野寛人の歌を歌いませんか?プロジェクトです! つまり僕のオリジナル曲をカヴァーしませんか?ということです。方法は、直接会ってiPhoneで録音する。また距離的に会うのは大変だと…

僕は今まで何人の人に歌を聴いてもらったのだろう

早起きをすると、霧のかかる街並みを散歩することが出来る。それが最近気づいた発見だった。今日も学童保育所で1時間ほど、みっちり歌を歌った。聴いてくれる子は、女の子の方が多い。自分の歌を聴いてもらえるというのは、喜びだ。自分の部屋で一人、誰に…

「どうやって歌を作るのか?」をよく聞かれるので答えてみました。

こんばんは。今日は大学の友人と再会しました。そして3時間ほど時間を共にしました。僕の作った曲を聞いてくれる方なので、僕も新曲を披露して、楽しみました。そして聞かれた質問、「曲はメロディーから作るのか?歌詞からなのか?」。これ実は振り返って…

凄そうなことを聞かされているのに、その凄さがよくわかんなくて、微妙な反応を示すことがよくあります

こんばんは。7月31日ですね。暑い。これに尽きる。昼間、ちょっと外を歩いただけで、灼熱を体感しました。日差しに照り付けられるその時間は、夏を味わさせてくれるのにピッタシでした。夏を満喫しています。クーラーをつけると涼しいけど、クーラーの冷…

歌を歌って相手に喜んでもらえるって、なんて嬉しいんだろう!

今日は、友人夫妻が僕の歌を聴きに、北上市まで訪れてくれて滞在時間の三時間ほどでとてもすごい濃密な時間を過ごした。25曲も歌ったようだ。今日思ったあれこれを書いていきたい。 1.始まり大学時代の同級生が数年前、結婚した。それで奥様を紹介してく…

自分の歌を聴いていただくことの重要性

こんばんは。7月1日は祖母の89歳の誕生日。母の介護している姿は大変そうだけど、長生きはやはり嬉しいね。100歳になったら凄いなぁー。そんなわけでブログ更新です。 ■自分の歌を聴いていただくことの重要性 今日は定例の花巻病院での診察の日だった。同時…

作品が相手の心に訴えかける瞬間に喜びが存在する

今日の夕陽はとてもキレイだった。そんな景色を見るだけで「今日も良かったな!」と思える。気候はすっかり暑くて、家の中で半袖半パンでいる。天気の良さに嬉しくなる。最近思う事を整理していきたい。 1.作品が相手の心に訴えかける瞬間に喜びが存在する…

歌を作るということ。

1.連鎖反応先日、このブログで「東京生活に憧れて3回も住んだのに、何度も岩手に戻ってきて、まだ東京に憧れている話。」というブログを書いた。そしたらその数日後、「田舎者」という歌が生まれた。その「田舎者」という歌は、私が東京と岩手の両方に住…

学童保育所、バドミントン、歌を通して

学校に行って勉強して、クラブやスポショウでバドミントンやって、家でギターを弾いて歌って。これが中学三年生の頃の僕のライフスタイルだった。現在、29歳の僕は、学童保育所に行って、つてを頼りにバドミントンして、家でギターを弾いて歌っている。中…

1年間で67曲、作曲してわかったこと

2015年も終わりに近づいております。総括的な話もしたくなってきました。今年1年、特にやったことの代表格として「曲作り」をしようと言うのがありました。そちらを振り返ってみたいと思います。 ●1年間で67曲はスゴイのかまず、自分の好きなことをとに…

【2015年9月18日現在】オリジナルソングヒストリー

こんばんは。今日は、私の曲作りヒストリーを紹介します。2015年9月18日現在、142曲作ったことになります。これ以外にも作りかけの曲があるので、もうちょっとですね。14歳から初めて、15年目です。そう考えると、すごーーいい!!そして、今年が一番、曲を…

オリジナルソングヒストリー

同じ中学校のバドミントン部で一緒によく遊んでいたゴッツこと佐々木一彬にギターを教えてもらい、作詞作曲をスタートしました。ここから、歌作りが始まりました。 ▲オリジナルソングヒストリー▲ ●社会人7年目(2015.28歳)横浜なう堤防の帰り道春服上野動物…