中野通信

ささいなことに幸せを。

安楽死について

プロフェッショナル仕事の流儀を見た。ひどく感動した。食事介助のプロフェッショナルだった。医療の現場で真摯に働く姿に胸を打たれた。オレは、昔、介護の現場で、食事介助をしていた。あの頃のオレは何だったんだろうか。仕事の姿勢の違いに、自分があま…