中野通信

ささいなことに幸せを。

居場所のない社会人。

「居場所がない」というのが大きな悩みのような気がしてきました。しかし、これ!自分がすでにある居場所の有り難みを気付いていないだけって可能性もあります。恵まれた状況に気付いていない可能性もあります。

家、学校、病院、会社が居場所だったりするんでしょうが、これが違うと思っちゃったら問題になるんじゃないでしょうか。

「ない」とまでいかなくても、「いづらい」「居心地が悪い」と思っちゃったら、路頭に迷ってしまいませんか。

そして、居場所に潜入するためには、履歴書を書いたり、試験を受けなければ入れないところの方が多いんだと思います。そして、お金が必要なこと。さらに、居場所の雰囲気を作っている主に気に入られることもポイントかもしれません。

人間は居場所作りに気合を入れてるのかもしれません。逆に言えば、居場所を与えられるようになりたいですね。