読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

家族4人で食卓を囲んで

岩手県北上市に住み始めて2ヶ月が経った。この2ヶ月はとても濃い2か月間だった。もちろん私は、北上市が故郷なので今まで何十年と住んできたわけですが、最後に離れて住んだ横浜市と比べてとても差異のある暮らしをしているので、そんな事などを書きたいわけです。

 

そもそもなぜ北上市に帰ってきたのか、というと、横浜で経済的に困っていたのもその通りなんですが、実家に住む父、母、祖母ともう一度暮らしてみるのはどうだろうかと思ったわけです。もちろん経済面で恩恵を受けるのももちろんですよ。でも、もう60前後の父親と母親、90近いお婆ちゃんともう一度、同じ釜の飯を食って暮らしてみるのもいいんじゃないかと思ったわけなんですよ。

 

私はね、横浜ではアパートで、1人暮らしをしてたんです。1年間ほど暮らしてみたら「この独り身の生活をいつまで続けるんだい?」と自分に問いかけたんですよ。そしたら、ふるさとの岩手県北上市を流れる北上川が見えたんですよ。その川のせせらぎが「帰ってこい」と言っているようでしたよ。

 

そんなわけで、実家に帰ったら、3人との共同生活の始まりですよ。食卓を並べて、会話をして、そんな生活が2ヶ月経ちました。言ってみれば3人は私の師匠みたいなものですからね、いろんな影響を受けております。寅さんにはまったのも、土曜の夜に両親が見ていたのがきっかけですし、両親はピザ作りにはまって、それを食べたりね。お婆ちゃんとは一緒に名前を呼び合ってますよ。

 

齢28歳にして、北上の良さを改めて味わっているこの頃なのです。
そして、生気を養って、元気に過ごして行きたいと思っております。

 

そんなわけで、あばよ!