読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

寛人中野のすべらない話

こんばんは。テレビで人志松本のすべらない話やってますね。おもしろい!!笑いました。そこで、私も話たくなったので1つ、話させてください。笑

 

もー昔の話なんですが、大学四年生(21才)の時、北上市の母校の中学校に教育実習で3週間通ったんですよ。そう、大学で中学校の教員免許をとるために勉強をしていたので、それの一環で。そして3週間、社会科の授業をしたりして。三年生のクラスを担当したので、特にそのクラスの子とは仲良くなりました。中3(15才)の子たちとの触れ合いはとても面白かったです。授業したり、朝の会、帰りの会で話したり、給食一緒に食べたりね。とても良い時間を過ごしました。

 

そんなこんなで、素晴らしい教育実習が終わり、4年間の大学生活も終わりました。卒業後の進路的には、私は教員にならなかったし、岩手県を離れて関東に就職したりしたので、そこで話は終わるはずだったんですよ。

 

社会人になってからの私は職を1年ぐらいのペースで変えて転々としてました。茨城に住んだり、神奈川に住んだり、東京に住んだり。そして、いろいろして、26才の時には、また岩手県北上市に住んでました。そして、北上のマクドナルドで働こうって思い立ってバイトの面接受けに行ったんですよ。そしたら、見事受かり、マクドナルドに入社できました。

 

そしたらです!バイト1日目、スタッフルームで仕事が始まるのを待っていたら、ルームに張ってるあるボードを見たりしたら「あれ、なんか知っている名前のネームプレートがあるぞ。。。」そしたら、本人登場。教育実習をして受け持っていたクラスの女の子が働いていたのです。しかも2人も!そう、その子たちが職場の先輩になったのです。私は新入りで、教育実習で曲がりなりにも先生と言われた子達が職場の先輩に変化(へんげ)したのでした!!不思議な気分でしたよ。

 

そして、仕事のことを教えられ、その子たちに、厳しくも優しい愛のある指導を受けたのでした。

 

ちゃんちゃん。

 

今はもうマックを退き、数年たつのですが、良い想い出になっております。

 

【解説】
私ぐらいの生き方をすると、年下の方が上司になるなんてざらにあるんですが、今回の味噌は、先生と生徒だった関係が、逆転して、先輩と後輩になったことでしょうか。パラダイムシフトが起きた瞬間でした。いやー、人生何が起きるかわかりませんね。


以上、寛人中野のすべらない話でした。