中野通信

ささいなことに幸せを。

会社を18社渡り歩いて後悔したこと

一時期は仕事する意欲すら無くなっていた私ですが、最近また仕事する意欲が出てきました。仕事するというのは、何でしょうか。お金を稼ぐこと。人と関わること。力を使うこと。傍を楽にすること。集中力を使うこと。大きなことを成し遂げること。小さな喜びを得ること。今回は、自身の経験を振り返って、会社を渡り歩いて感じたことの中でも「後悔」したことを掘り下げてみたいと思います。まず列挙します。

 

‐高校卒業と同時にバイトを始める‐
1.制服取扱店で制服を売る仕事(北上)2005年
2.駅前の居酒屋でホールスタッフ(盛岡)2005年
3.菜園の居酒屋でホールスタッフ(盛岡)2006年
4.テレビ局で単発の仕事(盛岡)2006年
5.引っ越し屋さん単発仕事(盛岡)2006年
6.レジャー施設の飲食コーナーのホールスタッフ(雫石)2008年
7.雑貨屋さんで雑貨販売・レジ打ち(盛岡)2008年

8.起業家さんの仕事を手伝う仕事(盛岡)2008年
9.不動産屋さんで短期仕事(盛岡)2009年
‐大学卒業‐
10.ショートスティ、デイサービスで介護員の仕事(古河、山北)2009年
11.イベント設営などの会社で力仕事、荷物運びなど(東京)2010年
12.家電量販店でのネット回線の販売、営業(東京を中心に東日本色々)2011年
13.郵便局の荷物運びなど力仕事(北上)2012年
14.広告代理店でイベント企画営業(盛岡)2012年
15.イタリア料理屋さんでホールスタッフ(北上)2013年
16.ハンバーガー屋さんで調理(北上)2014年
17.デイサービスで介護の仕事(川崎)2015年
18.学童保育所で指導員(北上)現在

 

書いてみたら「あれ?オレ結構経験してんな」と達成感が生まれる不思議。しかし、それと同時に襲い掛かる時間が流れた割に「あんまり身についてないな」という虚無感を感じる不思議。この原因は、何なんだろうと思ったんですが、「続けていない」からでしょうか。たくさんの人と出会ったはずなのに、今も連絡をとる人の方が珍しい。そんなものでしょうか。まぁ、そんなこと言ったら、人生そのものの問題になりそうですが、今日は考えるのを辞めておきます。

 

今回のテーマは「後悔」でしたが、一番の後悔は何だろうと考えました。それは、ストレスを溜めこんだことでも、稼いだお金を浪費したことでも、上司と大げんかしたことでも、会社を逃げるようにして辞めたことでも、一時の感情を我慢できなかったことでも、人間関係が不仲になったことでもなくて、一番は「仕事をしたいという挑戦心」が減ってしまったことだと思います。

 

●明らかに行動力が鈍った
ヒロトさん行動力がすごい!」なんて言われていた頃がありました。もう懐かしいワードです。パッと行動して、やりまくる!そんな美学を持っていた頃です。あの頃に比べて、今のオレは家でゴロゴロするのが好きな人間になりました。それで良いのか?と思います。「挑戦心」「チャレンジャー精神」みたいな気持ちはどこにいったのでしょうか。今、私は北上市が主催する起業家育成塾に通っています。今日も行ってきました。そこには、自分の夢に向かって頑張っている人がいます。その夢を語る姿はやっぱり見ていて爽快なんですよね。「バカだと思われることをしていくのが面白いんだ」みたいなことを教えられました。そうなんです。だから、私も笑われながらでも進んで行きたいと思いました。


●最後に
「仕事は続けていくと面白くなる」という言葉をもらったことがあります。なんとなくニュアンスはわかるんですが、まだ実感できていない自分がいます。「続ける」ことがオレの課題だと思います。そんでもって、行動力。やっぱり行動してなんぼですよね。やってるやる!!燃えろ!!中野寛人!!

 

 プロフィールです、見てね!

nakahiro28.hatenablog.com