中野通信

ささいなことに幸せを。

子どもと暮らすと早寝早起きになる

おはようございます。今日は6時に起床しました。6時に起きて、軽くご飯を食べて、カフェオレ飲んで、公園に散歩しに行って、ラジオ体操して、現在に至ります。まさに健康的な生活でございます。では、ブログ更新です。

 

1.子どもと暮らすと早寝早起きになる

現在、2人の姉が子供を連れて、北上市の実家に帰省中。家には、3人の子どもがいて、大人が5人。大所帯でございます。いつも使っている自分の部屋も姉たちに貸しているため、夜な夜なパソコンでネットサーフィンもできない。そして、家も夜10時ぐらいには真っ暗になるため、寝るしかありません。そして、朝は、6時前から子供たちの騒がしい声が鳴り響き、それで目が覚めるというような生活なのです。大人だけで暮らすと家の中が静かななんですが、そうじゃなくなり、わやわやしております。子供たちと暮らすと早寝早起きになるということです。

f:id:nakahiro28:20160811092721j:image

2.まとめ

一人で暮らすのか、複数人で暮らすのか、誰と暮らすかによって、ライフスタイルも変わっていきますね。夏休みという今の期間を肌で感じております。大人だけの時間、子供だけの時間、子供と大人の時間、お年寄りとの時間、いろんな時間を楽しめるようになれば、人生が豊かになりそうです。おわり。