中野通信

ささいなことに幸せを。

大好きなことは、我慢した後、たまにしよう

こんばんは。中野寛人です。久しぶりに「好き」について考えてみましょう。ブログ更新です。

 

1.大好きなことをしまくれば良いと言うわけじゃない、我慢も必要

僕は、どうしてもやらなければ気が済まないことがある。それが、朝起きて最初のカフェオレを飲むことだ。このカフェオレを飲むと、頭が冴えて、「あー起きたなぁー」と思える。これをしないと、1日が始まった気がしない。だけど!!なんとなく決めていることがあって、カフェオレは1日に1回しかない飲まないと言うことだ。なんでかというと、カフェオレが好きすぎるんだけど、1日に何度もカフェオレに頼っていたら、それはそれで面白くないからだ。我慢した後に飲むからこそ、おいしい。制限があるから美味しい。だから、手持無沙汰で飲みたくなる時もあるんだけど、その時は、お茶とかスポーツドリンクとか飲んでいる。カフェオレばかりに甘えてられないのだ。

 

2.なんでも、たまにしよう(まとめ)

ふと思ったんだけど、物事をたまにやる時の楽しさってあると思う。毎日は出来ないけど、たまになら出来ることもある。たまに会う人、たまに行く場所、たまにする遊び、たまに食べる物。たまにするからこそ良い関係を築ける関係もあるだろう。もちろん逆に、毎日、面と向き合わなければいけないこともあるだろう。僕の生活で毎日やっていることは、あるのか。仕事は毎日じゃないし(週4日)。ギターは1日1回は絶対触るかな。スマホやパソコンも毎日使っている。毎日の睡眠。毎日の食事。毎日の家族との交流。毎日向き合うこと、たまにすること、そのどちらも大切で、程よい、ちょうどいいバランスを作っていければいいんだと思う。たまにやることは、新鮮さにもつながるのかもな。なんだかまとまらないけど、たまにするからこその楽しさを忘れないで、いつもやっていることを当たり前にして飽きるんじゃなく、フレッシュにやっていきましょう、というブログでした。そのためには、我慢も必要。おわり!!