中野通信

ささいなことに幸せを。

北上の夜の街を歩いて

土曜日の夜にこんばんは。中野寛人です。友人と夜の北上の飲み屋街青柳町を歩いてきました。そしたら、色々考えさせられたので、ブログに書いてみようと思いました。では、更新です。

 

1.想い出がたくさん

今ではほとんど面影がありませんが、酒を覚えた大学生の頃は、飲み屋に行くのが大好きでした。知らない店に行っては、そこでお酒を飲み、友人と語り合ったりしました。もう最近じゃあ滅多にしませんね。なんであんなにお金を持っていたのでしょうか。大学生の謎です。北上市には、訪れたことがある店がたくさんあります。酒を覚え始めて10年。友人と今日、散策してたら、青柳町の中だけでも10件以上訪れたことがあるんじゃないかなぁ。何年もかけて行ったんだなぁと思いました。それぞれに誰々と行ったお店、いつ頃行ったお店ってのがあって、思い出す度に懐かしさで溢れ返りました。中には、もう無くなっているお店もあり、行ったことのない新しい店もできてたり、時の流れを感じたのでした。

 

2.どこでお金を使うか

今日は、何故か夜の街を見たくなった。あわよくば、どこかの店に入りたかった。しかし、現在酒を飲まなくなった僕と、飲み屋に行ったことのない友人とでは、そこまで勢いも行動力もなく、散歩だけで終わってしまった。しかし、ふと思ったのだ。先日の旅行で僕は、岩手県外に10万円を使ってきたとも言える。北上市で働いて稼いだお金を県外で使ってきたとも言える。岩手で稼いだお金を、岩手で使うのも大事なことなんじゃないか、と思った。お金を使うことは、その使う相手を応援することみたいなことを聞いたことがあるぞ。そう考えると、岩手でも使った方がいいんじゃないか、と思ったのだった。それが故郷のためとか、地域活性化のためとか、そういうことなんじゃないか、とふと思った。

 

3.まとめ

今回の夜散歩で、一つわかったことがある。自分の好きなお店、自分が応援したいと思えるお店に行って、お金を使おう、ということだ。もちろん、居酒屋にはほとんどいかないんだけど、コンビニやカフェはかなり行っている。それは、自分が好きで、自主的に買い物したり、お店のサービスを使っている。そんな感じで、本当に行きたいと思えるお店を見つけに行こう。そうなんだ。写真は、青柳町の中心部(?)に近いところにあるきたかみ川というお店。もちろん入って食べたことありますよ!!高級感あふれてました!!イルミネーションがしてあって、一年中光ってんのかな??発見でした。北上市に来たら、見つけてみてください(^◇^)では、また!!

f:id:nakahiro28:20160917204546j:image