読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

毎日欠かさずやると決めたことをやるという大切さ。普段やらないことをたまにやる新鮮さ。この2つをバランスよくやれば良い感じになれる。

気づき

こんばんは。中野寛人です。写真はギターにはめるカポという器具。これで、音色を変化させれます。では、ブログを書きたいと思います。

f:id:nakahiro28:20160915120825j:plain

1.毎日欠かさずやると決めたことをやる大切さ

1日の流れが決まってきた。それは毎朝カフェオレを飲むこと、ラジオ体操をすること、発声練習をすること、筋肉痛を考慮して何日かに一度腕立て伏せの筋トレをすること。これが朝起きてから、家を出かけるまでにやると決めたことです。そして夕飯は豆腐を食べること。これを継続してやっています。むしろこれをやらないと気持ち悪くなってきました。これを毎日やるようになってから人生にハリが感じられるようになってきた。ポイントは、自分がやった方がいいと思う事を実践しているということです。このようなことをして良い感じの気分になっています。

 

2.普段やらないことをたまにやる新鮮さ

これは、例えば今日なんですが、普段働かない土曜日に学童保育所の仕事に入りました。そしたら、いつもと違う雰囲気の学童保育所を知れて、視野が広がった気がするのです。今までしなかったことをすることの大切さを感じました。いつも通りの日々を過ごすのももちろん良いとは思うんですが、普段と違うことをたまにすると見える世界があるということです。身近なところで言うと、いつも歩く道だって、時間帯を少し変えるだけで全く違う気づきを得られることがあります。そんな感じで、普段やらないことをやる意味はかなりあると思います。普段通りが楽だから、その行動を断ったり、しないこともありますが、気持ちの余裕がある時や、直感が大丈夫だと言った時はチャレンジしてみると良いことが起こるような気がしますよ。

 

3.まとめ

というわけで、タイトルの通り「毎日欠かさずやると決めたことをやるという大切さ。普段やらないことをたまにやる新鮮さ。この2つをバランスよくやれば良い感じになれる。」です。ルーチンを継続することと、新しいことへのチャレンジ、このバランスですね。おすすめです!!