読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

なんで僕は18社も会社を渡り歩いたんだろう

 こんばんは。中野寛人です。3連休ですね。なんだか仕事について書きたくなりましたので今日はそんな内容をかければと思います。ちなみに、僕は、今まで高校卒業から18社を渡り歩いてきたのですが、それについて昔、書いた記事も貼り付けておきます。よかったら、読んでください。

nakahiro28.hatenablog.com

 

現在、僕は学童保育所でパートをしているんですが、もうすぐ1年になります。これは、自分でも驚いていて、よく1年も持ったなと思います。なんでかというと、今までの経験として、飽きっぽい所があり、最初は興味を持って働くんですが、だんだんワクワクしなくなり、惰性で過ごすようになり、やる気がなくなり、辞めるってパターンを繰り返していたように思います。10以上の会社をそんな理由で辞めていたのです。

 

他にも、一緒に働く人に怒られることが多かったんですが、それに耐えれなくなって辞めたこともありました。怒られるってのは、やっぱり嫌なもんですよね。改善しろとか言われても、なかなか改善できない。努力が足りないんでしょうか。ということで、逃げるように辞めました。

 

どうやれば仕事を楽しくできるのか、彷徨った11年間(18歳から29歳の今)だったなぁと思います。

 

覚えている出来事と言えば、大学卒業して最初に入った会社を辞めようとした時、岩手から神奈川まで父親が飛んできて横浜の飯屋で「やめるな」と説得されました。後にも先にもこんなことなかったし、その次の日、職場まで父親が来て僕の上司と個別で話したり。しかし、僕は、辞める決意を頑なに持っていたので、そんな事をされても意思は変えませんでした。あの時、父と上司は何を話したんだろうなぁ。

 

また、大学卒業3回目に入った職場は、ちょっと焦っていたのかな。今度こそ辞めないで続けようと思った。その意思は固かった。仕事の出来が悪くて死ぬほど上司から詰められても辞めようとしなかった。苦しい苦しい1年だったけど、給料がよかった。ちょうど1年経った頃、統合失調症という精神的な病気になって辞めたけど、病気にならなかったら辞めてなかったなぁとも思う。というか少し仕事が良い感じになった時に病気になったんだよな。だから、突然の病気で仕事が出来なくなるってこともこの時に学んだ気がする。

 

実は、18社以外のことで、僕が人生でお金を稼げる手段がもう一つある。それは、音楽に関することだ。歌でお金が発生する時がある。CDを販売することも始めた。これがすごく励みになっている。これに自信がついてきたのが最近の大きな変化だ。

 

次に僕が考えていることは、収入を上げることだ。ぶっちゃけ、まだまだ低い。実家だから暮らしていける生活だ。学童保育所と音楽活動を二本の柱として、まだまだ気づいていないだけで、周りをハッピーに出来る生き方があるはずなのだ。それに気づいていないだけ。もっと豊かな暮らしをしたいし、チャレンジしていきたい。今までの後悔や失敗を胸に刻んで、それでも上手く行くと信じてやっていくのだ。自分が得意なことをやるのが一番だと感じている。自分の強さは何だろう。強みはなんだろう。良い所は何だろう。周りと悪い関係になる生き方はやめて(たぶん自分が自分がが強すぎてそうなる)、ハッピーを築く生き方をするのだ!!これからも頑張ります。