読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

ささいなことに幸せを。

あまりにも多くの人に出会いすぎると、一人ひとりの印象が薄れてしまうから気を付けろ!

こんばんは。週の始まり月曜日。学童保育所での仕事をこなし、家に帰る。夕ご飯を食べて、鶴瓶の家族に乾杯を少し見て、自分の部屋に戻る。十六茶を飲みながらブログ更新です。

f:id:nakahiro28:20161017201728j:image

1.あまりにも多くの人に出会いすぎると、一人ひとりの印象が薄れてしまうから気を付けろ!

昨日、観山荘で歌わせてもらって、たくさんの人に出会った。これはライブをやる時のお決まりなんだけど、注意したいことがあって、大勢の前で歌うという機会を経験する度に、その出会い(チャンス)をモノに出来ているか謎に思う。特に僕はなかなか名前も覚えられない質(たち)なので、相手に無礼をすることがあるので、人との出会いは難しいなぁと思ったりする。一対一でカフェで一時間話して出会う機会もあれば、1時間で大人数と出会い、一瞬で過ぎ去るような出会いをして、それで当分会わなくなるなんて出会いもある。そんなことを、昨日、ライブで大勢の人と関わることを通して思い出した。新しい出会いを良いものにするために、僕はどんな心がけをすればいいのだろうか。まだよくわからない。

 

2.今思えばあの時もあの時も(まとめ)

齢29歳。いろんな出会いがあったなぁと思う。一つ一つの出会いを僕は大切にできたのだろうか。深い関係になったものもあれば、浅い関係のままの繋がりもある。その違いは何なんだろうか。ウマが合うとか、波長が合うとか、利害関係がちょうどいいとか、色々な側面があるだろう。このタイミングで出会ったから仲良くなれたねとか、たまたま家が近かったからとか、目指す方向が一緒だったからとか、今も続いている関係と、そーでない関係は何が違うんだろう。そう思ってたら、数年ぶりの再会もあったりする。まぁ、最近の僕が言えることは一つ、「ゆとりを持とう」だ。心に余裕があると、入ってくる情報を受け入れやすくなる気がする。焦らない。焦らない。焦らない。そう念じて、落ち着いていてゆったりしていると、良いものが運ばれてくる気がする。そう思うんです。みなさんは、どうですか。では、また。