中野通信

ささいなことに幸せを。

パソコンと私

今日は休みだった。皮膚の病院に行って、図書館に行って、携帯ショップに行って、床屋に行って、カフェに行った。充実な1日だった。そして、今までで一番軽い62.9キロを記録した。今日はパソコンについて書きたい。ブログ更新です。

f:id:nakahiro28:20161130212953j:image

パソコンと私

パソコンを触るようになったのは、高校生の頃だろうか、受験のための情報収集のためにパソコンが欲しい、インターネットがしたい、と親に頼み、家に置くことになった。それから、現在まで4台のパソコンを使ったことになる。家のパソコンは、家で使うため、大学入学と同時に、もう一つ、大学の売店でパソコンを買った。なんだか懐かしいな。アパートにネットも引き、授業の宿題などをやった。大学四年まで使ったんだけど、ある日、友人達と宅飲みをしていた。酒をたくさん飲み、その日は寝た。そしたら、友人の1人が、僕のパソコンに見事に寝ゲロをしていた。あの光景は忘れられない。しかもその友人は、なぜか半裸だった。寝ゲロがジャストミートしたパソコンは使い物にならなかった。まぁ、そんなこともあったが、データはCDに焼くことができ、新しいパソコンは、その友人の持っていたパソコンを譲り受けることになった。事なきを得た。これが3台目のパソコンだ。

 

3台目のパソコンは、就職してからも使っていた。というか、そもそも、僕はパソコンで、SNSのネットサーフィンぐらしか、ほぼしなかった。なので、パソコンに大事なデータを入れなくなっていた。USBメモリにデータを保存しても、そのメモリを無くしてしまうし、僕はパソコンに苦手意識も少しあるので、付かず離れずの関係を保った。

 

3台目のパソコンも2010年ごろ、壊れた。その時、僕はルームシェアをしていて、部屋にテレビもなく、どうしようということになった。その時に買ったのが、現在のパソコンでSONYのデスクトップパソコンだ。テレビも見れる。1000ギガの容量があった。うだつの上がらないサラリーマン生活をしていた頃、「フリーター、家を買う」というテレビドラマを録画していて、風邪を引いて仕事を休んだ日に、観て救われた気持ちを思い出した。横浜に住んでいる時も「ごめんね、青春」にハマって録画した映像を観て何度も泣きながら観た。パソコンというより、テレビの思い出になった。でも、デスクトップパソコンがなかったら、今の自分はないだろう。そんな4台目のパソコンだ。

 

そして今(おわりに)

そろそろスマホを新しくしようと考えている。そしたら、スマホのバックアップをしたい。パソコンにしようとしたら、空き容量がなくて、できないとなった。要らないデータを消そうとしたが、消せなかった。なので、パソコンを初期状態に戻した。本当に必要なものは、最近買ったUSBメモリに移しておいた。そして、いま、初期設定が終わり、ゼロからスタートになった。後後、大事なデータを消してしまったとか凹むかもしれない。でも、データは消えても、思い出は消えない。ゼロからスタートしよう。では、また。