読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

ささいなことに幸せを。

休みの日は一日が長い

こんばんは。少しお腹が痛い。キリキリする。こんなこと珍しいので、ドキドキしている。ちゃんと治るだろうか。今日は、仕事が休みだった。そしたら、一日が長い。いろいろやって、まだ午後八時である。時間がある時して楽しいことの一つがブログを書くことだ。というわけで、ブログを更新します。

 

パソコンを初期化した

パソコンを初期化した。そしたら、iTunesに入っていた音楽が全部消えたので、パソコンで音楽を聴く時、CDをCD棚から取り出して聴くというスタイルに変わり、古風なスタイルになって新鮮で楽しい。あ~時間がかかる~と不便さを面白がっている。

 

スマホのデータなどを削除しまくっている

また、スマホに関しても似たようなことをやっており、メモ帳にものすごいデータがあったので削除したり、写真も整理したり、アプリも整理したり、スッキリさせている。今使っている画面のヒビが割れたiPhone6プラスが持ち始めて2年経過した。今、更新期間らしい。スマホに一か月約1万円払っているのが、とても高い気がして、そして、1万円ほどの価値に見合う使い方をできているのか、疑問視しているので、この更新月の間に、ある答えを出して、スマホとの関わり方を改めたい。

 

自分の部屋を快適に

数か月前から、行っている部屋快適化プロジェクトも、1日に1mmでも進めばいいと思っている。ちょっとでも進むと心が晴れる。必要な家具だけ残し、不必要なものは、少しずつ減らしていく。何も持たないで生まれてきたのだ。何を失っても、その時の覚悟はできている。必要最低限の荷物を持つ暮らしをしよう。

 

休みの日は一日が長い(まとめ)

ブログを書き始めると、数十分が経過する。それと同じように、ラジオ体操をする時間、発声練習をする時間など、毎日できればやりたいことをやると、時間はどんどん進んでいく。何をするのも、何をしないのも、自分次第なのだと思う。夕飯を豆腐にするようになってから、米を食べる回数が減ったので、米がおいしく感じられるようになった。満腹まで食べないようになって、空腹状態を思い出した。そんな感じで、自分で良いと思ったことをやると、気づくこともある。休みの日の一日が長いと感じられるのも、学童保育所に行く日があるから、感じられることなのだ。休みの前日の嬉しさは、仕事をしていないと味わえないことだと知った。自分は、何を味わいたいのか。そのために、何を我慢したり、減らしたり、削除するのか。削るから、気づくこともある。久しぶりの友人に再会したら「ひろと先生」と呼ばれた。今の僕を表現する言葉の一つなのだろう。何かに注力すると、切り開ける未来を自分なりに楽しもう。そんな感じで、今日は終わります。また。