読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

ささいなことに幸せを。

市川から岩手へ帰ってきました!!ライブお疲れさまでした!!

こんばんは。中野寛人です。金曜日に千葉県市川市に出発し、ライブをしました。ライブ後、東京近辺に二日間滞在し、今日、岩手に戻ってきました。ライブ当日から、今まで、なんだか夢見心地で、ブログを書いてしまったら夢が終わってしまうような気がして、言葉を綴ることをストップしていました。でも、今、こうして、家に帰ってきて、パソコンを前にして、夢から日常に戻るために、そして、さらに前に進むために、文章を綴ります。それでは、ブログ更新です。

f:id:nakahiro28:20161211193714j:image

素晴らしい時間だった

今回、小河原さんのお誘いで、市川に行くことが決まりました。そして、浦林さんともやりとりが始まり、じょじょに企画が固まっていきました。なんだか書いているうちにどこから書けばいいのかわからなくなってきたので、心のままに行きたいと思います。というわけで、ライブが始まりました。お店の「輪繰」には、31名が集まりました。僕は、歌いました。数えると15曲も歌わせていただきました。お客様も、スタッフのみなさんも暖かく、僕の歌を聴いてくれて、有難い気持ちになりました。最初の曲の方は、緊張して、ドキドキが止まらなかったのですが、じょじょに、落ち着けてきて(僕なりに落ち着いていたのです)、歌を歌っていて楽しかったです。一曲事に拍手をもらえて、例えば、たこ焼きの唄で盛り上げてもらえて、小河原さんと浦林さんと逆井さんと他にもたくさんの方の手助けで会場も暖かくなり、駆けつけてくれた仲間たちの顔を見ると安心して歌うことができたり、もちろんライブ当日に出会った方々の真剣に聴いてくれる姿勢や合いの手に、気持ちも高まりました。輪繰のお店の方々も、準備から暖かく接していただき、何から何まで、良い時間でした。果たして、僕は、歌を通して、あの時間を共にした皆さまに、何か良いパワーを届けられたのでしょうか。今回のライブのテーマでもある「挑戦」&「希望」に近づけたのでしょうか。と疑問形で文章を書いてきましたが、ライブの後にたくさんの話す時間があり、「闇」がよかったとか、「田舎者」がよかったとか、「病院」がよかったとか、いろいろ感想をもらえて、少しでも、役に立てかなとか、価値あることができたかなとか、答え合わせができて、ホっとしました。未熟ですが、前を向いていこうという気持ちが届けられた気がしました。打ち上げに残っていただけた方々と、お話ができて、気持ちを共有できたり、共感する話ができたり、少しずつでも良い方向に人生を生きて行けるようにできたらいいねみたいな話もできました。もちろん、改善すべきことや、まだまだ苦手なことやできないことは多いのですが、逆に僕が力をもらえた気がして、感謝が絶えない一日になりました。このような機会があることを、本当に感謝して、また明日から岩手で生活していきたいと思います。気が引き締まりました。本当にこのイベントに関わった全ての人に感謝しています。ありがとうございました!!

 

<セットリスト>

1.プロペラ

2.サンフラワー

3.チャレンジ

4.闇

5.カヴァー(卒業写真、神田川メドレー)

6.たこ焼きの唄

7.幸せに(浦林さんとのコラボレーション)

8.流れる日々の中で

9.上野動物園

10.スパゲッティ

11.メモリー

12.病院

13.田舎者

アンコール1.初めてわかる気持ち

アンコール2.プロペラ

f:id:nakahiro28:20161211193745j:image

最後に

とこんな風にいろいろ書きました。本当に最初に言った通り、金曜日の夜のライブ終わってから、二日経った日曜日の夜の今まで夢のような時間でした。それは、岩手を離れ、旅をした時間がそう思わせてくれているのでしょう。岩手を離れ、市川まで行き、歌えたこと、それが本当に良い経験になりました。この経験を活かし、また明日から住み慣れた町で、生活していきます。またよろしくお願いします!ブログ読んでくれてありがとうございました!!また!!一日一日を大事に過ごそう!!おーーーー!!!!

f:id:nakahiro28:20161211193806j:image