読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

旅の想い出

こんばんは。中野寛人です。月曜日ということで、学童保育所へ行ったのですが、どこかまだ旅心地で、ふわふわした気分で仕事をした一日でした。というわけで、旅の想い出を振り返りましょう!!ブログ更新です。

 

江ノ電に行った

横浜で、姉家族と合流し、どうしようかなと思ったライブの次の日。天気もとてもよく、外に出たくなっちゃう気持ちが抑えきれなかったので、箱根にでも温泉に入りに行こうかな~とか、みなとみらいを散歩しようかな~とか、少しだけ悩んだのですが、江ノ電周辺に行こうと意見がまとまったので、すんなり藤沢に向かいました。

 

1日乗車券600円

江ノ電は、何回か来たことがある。その度に、一日乗車券を買うのだ。そして、いろんな駅で降りて元を取ろうとするんだけど、一日動いて思ったのが、全部の駅を降りるなんて、体力はないということだった。結論から言うと、江の島、鎌倉高校前、長谷、鎌倉と四駅降りて終わった。でも、十分満足したのだった。そして、単独行動が多い私は、ましてや小さな子ども達と移動するのは、普段と勝手が違い、今回の旅で様々なところで見る小さな子供連れの旅人たちに「子供を連れて旅をしている時点で、尊敬する。俺にはまだ早いな」とそんな今必要かどうか、わからない心配や敬意が芽生えた。

f:id:nakahiro28:20161212195955j:image

上の写真は、鎌倉高校前の江ノ電。観光客がたくさん写真を撮っている名物スポットだ。続いて、江の島近辺で食べたしらす丼。おいしかった。

f:id:nakahiro28:20161212200016j:image

家を出発する前に撮った甥っ子たちとの写真。ちなみに弟君は、基本的に「けいきゅう、あか」としか言わない。「けいきゅう、あか」「けいきゅう、あか」と、楽しそうにしゃべっているので、僕はすっかり京急線が好きになってしまった。ちなみに、一年前ほどに通っていたデイケア「イルボスコ」に行くときも京急鶴見駅から梅屋敷駅まで行くのがお決まりだった。各駅停車なら、あのちょうどいい人の混み具合で、ゆらゆら揺れていた。「けいきゅう、あか」という甥っ子とシンクロした瞬間だった。

f:id:nakahiro28:20161212200027j:image

やはり、大仏を見たいということで、久しぶりに大仏様のところへ行った。入場料200円は懐にやさしい。心を込めて拝んだら「もっとしっかりしなさい」と大仏様に言われた気がした。

f:id:nakahiro28:20161212200035j:image

歩き疲れたので、ファーストキッチンに入ったりもした。

f:id:nakahiro28:20161212200050j:image

終わりに

 旅をしている最中は、普段いないところだからか「あそこに行きたい」とか願望が現れやすい気がする。なので、日常生活より行動力が増す気がする。たくさん歩いて、心地よい疲労の中で、その日は眠った。最初にも言ったが、現在、北上市にいるが、まだ旅の余韻が続いている。なんだかフワフワしている。三日間の旅だったが、濃い時間を過ごした。旅が濃いならば、それを日常生活で同じように濃いと思えるように過ごせないのか。家の近くを離れないで、数か月暮らすと、どこかに行きたい欲求が出てくる。あれは、何なんだろうか。今回の市川ライブをきっかけに移動した3日間は、とても貴重だった。ありがとうございました。それでは、また。