読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

2連休が楽しみだ

仕事観

こんばんは。中野寛人です。仕事を終え、帰宅。夕飯を食べ、友人達と電話やメールをする。そして、明日から土日は、休みだ。2連休だ。何をしよう。何でもいい。では、そんなワクワク状態を書けたらと思います。では、ブログ更新です。

休み

現在、私は、水土日祝休みという暮らしをしている。過去には、土日こそ仕事をする仕事も就いたし、不定休で休みがバラバラという経験もしたし、夜勤の仕事で明けの日と次の日が休みという暮らしもした。色んな働き方をしてみたが、今はシンプルな暮らしに戻ったように思う。子どもも、大人も一番休日を過ごしやすいのが土日祝だと思うけど、そこに自分のスケジュールが合っている。しかし、唯一の欠点として、土日祝は多くの人が休みだからこそ、平日より店が混んでいたりすることだ。それがストレスになったりする。そこで、僕は水曜日も休んで、あえて平日の程よい混み具合の店に行ったりしている。しかし、平日休みの弱点は、同じ平日休みの人がいないと、休みなのに知り合いは忙しいから会えないという事態になる。そこで、両方のメリットを考慮して、平日と土日祝どちらも休みがあった方が色々都合が良い気がしているので、現在の休み方になった。

2連休が楽しみだ(まとめ)

というわけで、土日は二連休だ。やるべきことは何個かあるが、ほぼフリーと言っていい。何をするのも、何をしないのも、どちらでもいいのだ。この金曜日の夜の「明日は休みだ~」という感覚が僕は好きだ。この感覚を味わいたいがために、働いている気がする。働いていないと、次の日が休みだという喜びは味わえない気がする。このメリハリが良い刺激になっている。仕事終わりの開放感がたまらなく好きだったり、連休に入るワクワク感。そんなものを味わうために、仕事は存在しているのだろう。仕事は、時に我慢になる。我慢の後の好きなことをする喜びは、たまらなく贅沢なものだ。嫌いな物事があるからこそ、好きな物事の良さが分かったりするんじゃないか。働くことと、休むことを繰り返し暮らしていきたい。では、みなさん、よい土日を。