読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

北上で歌う意味。

こんにちは。無事、第10回北上・西和賀にぎわいフェアで歌って来ました。去年に続き、2年連続で歌わせてもらいました。

f:id:nakahiro28:20170218161512j:image

 歌った歌は、冬、プロペラ、たこ焼きの唄、展勝地。

f:id:nakahiro28:20170218161518j:image

北上で歌う意味がある。人生の中で一番長い時間を過ごしている街、北上。そこで土地の名前が出てくる歌を歌うこと。それは嬉しい。家族や親戚の方々が多く住む街、北上。そこで歌うことによって見に来てもらえること。それは有難い。

 

今回は、数日前にチラシが配られ、それに中野寛人の名前が載っていて気づいてくれた方もいました。嬉しかったなぁ。とても好きなイベントです。音響さんやスタッフの方にも優しくされ、頑張れました。ありがとうございました!改めて、歌を続けていて良かったなと思える1日でした。これからも歌うぞー!