読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中野通信

不器用な文章でもいいかなー?いいともー!!

私は死ぬ時、チャレンジしなかった事に後悔しそう。

こんにちは。中野寛人です。エイプリルフールですね。ですが、嘘が思いつかないのでいつも通りブログ更新です。写真は2年前、岩手一周旅行をした時に撮った三陸の海の写真です。

f:id:nakahiro28:20170401103825j:image

がらっと。

山崎拓巳さんの本「がらっと」を読んでいた。そしたら、あなたが死ぬ時に後悔しそうなことは何ですか?と書いてあった。そこに人生のヒントが隠れているよ、と書いてあり、私は少し考えた。その結果、チャレンジをしなかった事に後悔しそうだなぁと思った。じゃあこれから何にチャレンジしよう?となるのだけれど、それがすぐに思いつかなかったので今日は今までチャレンジしてよかった事を整理したいと思いました。では、羅列します。

 

バドミントン。

人生で1番熱中したスポーツ。特に高校時代は、1番燃えた。どうやれば相手に勝てるか、それを目指すのが楽しかった。強くなるために過ごした時間は良い経験になった。

 

大学生活。

大学生に憧れていた。人生で1番自由な時間だった。あの4年間が夢のようだった。勉強して、好きなことして、バイトして、出会った人とイベントして、大学生を目指してよかったと思っている。

 

CD製作。

音楽活動をする中で自分のCDを作るのが夢だった。それを形にすることができてすごく嬉しかった。作って良かった。

 

恋愛。

恋に憧れていた。今までの人生での恋愛経験が、とても私の中で大切な想い出になっている。楽しさばかりではなく、辛さもあった。でもそれでもして良かったと思えている。

 

日本一周。

23歳ぐらいの時、岩手から鹿児島まで車で一人旅をした。1ヶ月の旅だったけど、今も思いだす。湯野浜の温泉郷車中泊をしたこと、三重の伊勢神宮に大学の後輩と行った事、原爆ドーム厳島神社の広島に大学の先輩と行った事、桜島を見て興奮した事、今でもあの時間は夢だったかのように記憶に刻み込まれている。

 

東京近辺暮らしをした事。

古河、山北、高円寺、横浜山手、鶴見、東京近辺に色んなところに住んだ。僕は新生活が好きみたいだ。岩手を離れた暮らしがとても色鮮やかに記憶に残っている。

 

ルームシェア

友人と一緒に暮らす事に憧れていた。それをしてみた。楽しさだけではなかったけど、して良かった。一緒に夜の街で酒を飲んで同じ家に帰宅する楽しさを知った。

 

終わりに。

ざっと思いついたものを上げただけでも、これぐらいあった。チャレンジとはなんだろうか。チャレンジの先には楽しさだけではないのは確かだった。上手くいかない、辛いなど大変な感情もたくさんあった。しかし、時が経ち思うのは全部やって良かったと思える自分がここにいることだ。私は死ぬ時に、チャレンジしなかったことが後悔しそうだと思った。これから、明日、明後日、来月と時が流れていく中で、チャレンジしないで、暮らすのはなんだか違う気がする。じゃあどんなチャレンジをするかは、この記事には書きませんが、少し練ってみようと思う。みなさんは、チャレンジが好きですか?さぁ、どんな日々を送ろう!明るい方へ、明るい方へ。

 

 

読んでくれてありがとうございました。