中野通信

ささいなことに幸せを。

物が減って集中できるようになってきた。

こんばんは。中野寛人です。ブログ更新です。

f:id:nakahiro28:20170626205024j:image

 物が減って集中できるようになってきた。

断捨離を続ける日々を送っている。物を少しずつでもいいから減らしている。1日1個でも1日1枚でも良い。吟味しながら捨てたり売ったりしている。そして、だんだん物が減ってくると気持ちが楽になる。物が無くなれば物について考える必要が無くなる。だから肩の荷が下りるのだ。自分じゃ手に負えない物を管理する大変さは行動を鈍らせる。手放せば楽になることを知った。物が減っても完全に物が無くなるわけではない。減ったものを前より大事に思えるようになれる気がする。本当に必要な物を選び持つことにより、今まで以上に物を大切にするようになる気がする。目標としては自分が持っている物を全部把握することだ。あれが何個あるとか全部わかるようになったら、かなり人生が前のめりになると思う。まだまだ下着とか所有している数を把握していない物があるので、断捨離したい。

 

終わりに。

物の適量というものがあると思う。たぶん自分に適した量になった時、動きやすくなったり、集中力が増すと思う。少し物が減っただけで雑念が減った気がする。いらないことを考える時間が減ったように思う。さらに集中するために断捨離を続けたい。

 

 

読んでくれてありがとうございました!