中野通信

ささいなことに幸せを。

心身共に良い状態になってきた理由を分析しよう!

こんにちは。中野寛人です。友人の初音ちゃんに最近の自分の近影を見せると「若返った?」と聞かれた。そして現在の健康の秘訣的なものを聞かれたので電話で答える。そのやりとりを踏まえ、これはブログに残した方がいいなと思ったので、ブログ更新です!日常生活で行なっていることを箇条書きで整理します。始まり始まり。

f:id:nakahiro28:20170628162950j:image

1.朝にうんこをする。

うんこの話は場所を選ぶと思いますが、この話はかなり重要。朝にうんこをすると人生の幸福度が違います。病気が重かった頃、うんこをするタイミングがバラバラだったなぁと思います。しない日もあったんじゃないかと思う。しかし、朝7時ぐらいに起きて冷たいコーヒーを飲むとうんこが出ることに気づく。それを続けるとたくさん出た日なんかは朝から気分が良い。出した後は達成感で気持ちよくなる。便について考えるのは大事だと思う。

 

2.1日10000歩歩く。

歩くことを続けている。家から職場まで徒歩で片道30分。なるべく歩くようにしている。ある本で「1日10000歩歩く人にメタボな人はいない」という名言に出会った。それを信じている。

 

3.ラジオ体操をする。

ラジオ体操が身体に悪いと聞いたことがない。いつの頃からかやり始めた。第一と第二あわせて7分ぐらいだろうか。YouTubeでラジオ体操と検索すれば動画が出てくるのでそれを流しながらやっている。

 

4.発声練習をする。

シンガーソングライターとして活動している私ならではの習慣だ。音楽仲間の友人に教えられ、それを動画に残していたので、それを流しながら1日15分やっている。毎日やっているので癖になり、やっているとだんだん集中モードに切り替わる。きっとこれも良い風が吹く私の習慣だ。

 

5.腕立て伏せをする。

腕立て伏せ10回、その後30秒休む。これを5セット繰り返す。つまり50回腕立てをすることになる。これは、気が向いた時にやっている。一時期やりすぎたら手首を痛めた。まだまだコツを掴めてないらしい。たまにやると、次の日は筋肉痛になる。筋肉が少しはついたかなと嬉しくなる。

 

6.温泉に行く。

お気に入りの温泉がある。千賀石温泉と言う温泉だ。温泉に行くとサウナと水風呂を2往復する。体を温めて一気に冷やす。そして放心状態でボーッとする。これをするとすごく幸せな気分になる。2週間に1回は行っている気がする。

 

7.図書館に行く。

一時期、本を全然読めなかったがまた読めるようになってきた。一度行ったら2冊借りる。そして返しに行く時また2冊借りる。それの繰り返しだ。週2回は図書館に通っている。本を探す作業も楽しいし、素晴らしい文章に出会うと良い気分になる。

 

8.断捨離をする。

自分の物を減らすことを心がけている。余分な物は持たない。潔く生きる。本当に大事なものだけに自分の気持ちを集中させる。要不要を見極める。片付け、整理整頓を意識する。そんなことを気にかけている。

 

9.仕事を続けられているのも大きい。

学童保育所での仕事を1年8ヶ月ほど続けている。これはかなり大きいと思う。精神の安定は仕事を続けることだ。生活のリズムが仕事によって出来ているのも確かだ。仕事の日と休みの日のメリハリをつけたい。どちらもどちらのためにある。

 

10.恋人との毎日の電話

毎日欠かさないことと言えば、恋人と電話を続けている。それによって近況報告をしたり、世の中で起こっていることの話、趣味嗜好についてなどを共有している。それにより精神が安定しているのも確かだ。

 

11.父と母と祖母と暮らす日々

実家にいることによって衣食住が安定している。両親の作る料理のおかげで偏った食事もしていないし、誰かと話すことにより孤独も減る。安心して眠れる自分の部屋もある。それは有難いことだ。

 

12.病院通い

身体のメンテナンスは意識している。精神科、耳鼻科、歯科、眼科、皮膚科。少しでも気になればすぐ行くようにしている。

 

13.腹8分目

食事に関して苦しくなるまで食べないようにしている。夕飯を米ではなく豆腐を食べるダイエットをして1年で72キロの体重が63キロになった。それで学んだのがお腹いっぱいになるまで食いすぎるのは良くないということだ。程々が良い。空腹の状態も意識して作り、そうすると食事の時、今までより美味しく思えるようになった。

 

終わりに。

とまぁ、思い付いたことを書いてみた。病気の酷かった頃の私を知る人に出会うと、最近ではほぼ「健康的になったね」とか「声が明るくなったね」とか「良い男になったんじゃない?」とか「若返った?」とかそんな言葉をもらえるようになった。大変嬉しいことだ。もちろんまだまだ改善点はあるだろう!精進していきたい。そしてシンドかった頃の記憶もちゃんと受け止めて、分析し、これからの日々を良くしていきたい。

 

そんなわけで、読んでくれてありがとうございました!