中野通信

ささいなことに幸せを。

オレはそんなにダメ人間じゃない。

こんばんは。今日は盛岡へ気分転換で行って来ました。いろいろ考えが広まったのでブログ更新です。

f:id:nakahiro28:20170717184509j:image

オレはそんなにダメ人間じゃない。

「ダメ人間パーティー」を開催したいとSNSに書いた。そしたら何人かの方がリアクションをくれて、やる価値があるなと思った。需要はある。そこで、ダメ人間が集まってダメな所を語り合って最終的には社会とかでダメなりに頑張っていこうよとまとめられれば良いのかなと思った。それを友人R君に伝えると「ひろとさんは僕からしたらダメ人間じゃない」と言われてしまった。そうなんだ。そこなんだよな。ダメ人間って言葉は便利だけど定義が曖昧だ。どこからどこまでがダメなんだろう。友人R君は言う。「例えばオレは100個出来ないことがある。でもひろとさんは2、3個でしょ?100個できない人がダメ人間さ。俺はトーナメント戦なら第1シードだよ」このように確かにダメ人間にも差がある。ある人はまともに働いたことが無くて自分をダメ人間と思っているかもしれない。もう1人の人は働いていて結婚もして子どももいる自分をダメ人間と思っているかもしれない。そんな感じで差がある。友人R君は言う。「ひろとさんは、車の免許も持っていて大学も卒業している。なのに普通の道を歩まないのはなぜか?」僕はそんな言葉をもらえただけでも、ダメ人間パーティーの企画を提案して良かったと思った。

 

終わりに。

正直、ダメ人間パーティーについて考えたり議論していると少し疲れる。しかし考えが深まるのも事実だ。企画に賛同してくれる人もいる。だから一回はやりたいなと思っている。全ては言葉なんだと思う。「ダメ人間」がアレなのか。じゃあ「ろくでなし」はどうだろう。「社会不適合者」はどうだろう。きっとそれは、生きていく中で気持ちが変わって行ってキャラも変わって行って、その時々で適した言葉に出会うんだと思う。その時その時でフィットしたものを選べば良いんじゃないだろうか。そんな事を思っている。

 

では、また。