中野通信

ささいなことに幸せを。

働いている方が精神が安定する。

こんばんは。なかのひろとです。始まり始まり。

f:id:nakahiro28:20170721194024j:image

働いている方が精神が安定する。

私の1週間は2日働いて1日休んでまた2日働いて2日休むというサイクルだ。水、土、日が休みということです。でもたまに祝日とかがあるとさらに休みが多くなる。そんな暮らしの中で最近ふと気付いた。働いている時の方が精神状態が良いのではないか?ということに。ぶっちゃけると、休みの日に途方にくれる瞬間がたまにある。ものすごく暇だなと思う瞬間がある。時間を無駄に過ごしているのでないかと自責の念に駆られる時がある。それと休みの日はお金を使ってしまう回数が自然と増えてしまう。その時にどうもお金の使い方があんまり上手くなく気持ち良く使えていない気持ちになる。それらを総合的に踏まえると、働いている日の方が気分が晴れる。働いている瞬間はお金を稼いでいる状態だ。その方が精神的に救われるんです。そして働いていた日の終わりに行くカフェはすごい至福な気分になれたりするのでお金を使っても罪悪感が少ない。

 

終わりに。

先日、暇すぎてベッドの上で横になってスマホをいじりながら考え事をしていたら、どんどん暗い方へ考え事が進んで行った。鈍よりした。これは不味いと思い明るい方へ切り替えようとしたが、なかなか暗闇から抜けれなかった。なんとか将棋のひふみんの珍エピソードなどを調べて考えることにより、人生楽しもうと思い直したがあの時は大変だった。そんな風に暇だとろくでもない事ばかりを考える。仕事に行けば、仕事のことを考える。そうすると最近では明るい気持ちになれるようになってきた。だから働くのがあんまり苦じゃなく無くなってきたのではないか。精神が不安定だと自暴自棄になり至らない行動をしてしまう。精神を良い状態にするためにも安定させたいものだ。そのためにどーする?

 

ではまた。読んでくれてありがとうございました。