中野通信

ささいなことに幸せを。

過酷で楽しい夏休み生活。

こんばんは!なかのひろとです。ブログ更新だよ!

f:id:nakahiro28:20170810194612j:image

過酷で楽しい夏休み生活。

子供たちの夏休みが始まってから僕の生活は激変した。勤めている学童保育所も夏休みで子供たちが一日中いてワヤワヤしてる。家に帰っても帰省している姉家族(甥っ子4人)がいてワヤワヤしている。つまりどこに行ってもワヤワヤしていて僕は発狂寸前だった。そんな暮らしも数週間続けていると病人が続出する。分析すると遊び過ぎが原因だ。夏休みというフリーな生活は、行き過ぎてしまう。一日中自由なわけで、これは逆にしんどい状態である。僕らは、平静さを保たなければいけないが、夏の誘惑に負けて、虫を探しに行ったり、水鉄砲で遊びまくってしまうし、アイスも食べまくってしまう。全部、夏の仕業だ。そんなわけで、熱を出したり、実家の中は悲惨な状態だ。かくいうこの私も若干体調がおかしい。家の中の騒音や、プライベートタイムを邪魔されてストレスが溜まっているのかもしれない。夏よ、早く終わってくれ。

 

終わりに。

夏が終わって欲しいと言ってしまったが、夏のメインでもあるお盆がまだ終わっていない。お盆でさらに体調を崩さないように、両親や親戚のおじちゃんおばちゃんからの「たくさん食べろ!飲め!」の誘惑からも自制する気持ちをしっかり持ち、落ち着いて、6日間の盆休みを過ごしたいと思っている。夏はまだまだこれからだ!エンジョイ!

 

では、また。