中野通信

ささいなことに幸せを。

どんな時でも歌いましょう。

おはようございます。なかのひろとです。ブログ更新だよ!

f:id:nakahiro28:20170813092012j:image

どんな時でも歌いましょう。

昨日は、近所の方や親戚などで集まってやったBBQだった。とても印象に残るBBQだったので記録に残そうと思います。まず、外で食べるならBGMがあった方が良いと思った私は、ラジカセを外に運び、サザンオールスターズの「バラッド」シリーズを流した。そしたら、好評価を頂く。やっぱりサザンはいいねとか、父親には、海辺にいるみたいだとお褒めの言葉を頂く。夏に聞くサザンオールスターズは最高だ。そして、自分もギターを持ってきて歌わせてもらった。8月の歌、田舎者、生きよう、楽しかったよ、夏色、ハッピーバースデーと、たくさんの歌を歌うことができて、自分が興奮した。外で歌うのは気持ち良い。燃えた。よくよく考えてみれば、BBQなんて場所なら、自分が好きなことをやっていいのだ。みんな好きなことを話している。なら、僕は好きな歌を歌う。自分が好きなことをすると、清々しい気分になれる。充実する。面白くないとか、楽しくないと思うのは、自分がやりたい事が出来ていない時ではないのか?きっとそんな気がしてきた。

 

終わりに。

初めて僕の歌を聴いてくれた親戚の方に「どんな活動をしてるのですか?」と聞かれた。そして僕は上手い事説明できなかった。いい加減、バリバリ音楽活動してます、みたいなハッキリした返答が出来るようになりたいものだ。そのためには、歌える時はどんな時でも歌いましょう。歌った瞬間、それは僕の音楽活動だ。その積み重ねなんだ。楽しくやっていこう!

 

では、また。