中野通信

小さな小さな幸せを。

200人の子どもを育てています。

こんにちは。中野寛人です。ブログ更新だよ!

f:id:nakahiro28:20170827171306j:image

200人の子どもを育てています。

少しアルバイトをしている学童保育所について考えてみたいと思います。学童保育所には200人近くの子供たちが所属しております。まさかこの仕事を2年近く続けられると思っていなかったので、誰よりも自分がびっくりしているのですが、子供たちとの触れ合いの日々をどう捉えるかは自分次第です。そこで良いフレーズが浮かびました。それが「200人の子どもを育てています」です。なんだか一気に父親感が溢れ出ました。僕も一端に大人になったので、子どもたちが自然と目に入るこの頃です。そりぁあ子どもに興味が湧くのも必然なような気がします。それで学童保育所に行けばたくさんの子供たちと触れ合うので、学びがたくさんあります。意外な言葉をかけられたり、自分では思いつかない遊びを教わったり、自分の気持ちが良い状態なら、良いものをたくさん受け取れる場が学童保育所だと思います。そんな触れ合いを通して、少しでもお互いにとって「良かった」と思える時間を過ごせれば、それはそれは素晴らしいことなのではないかと思います。まだまだ未熟者ではございますが、成熟できるように週4日の勤務に邁進していきたいと思います。それ以外の時間は、音楽活動などに当てて、さらに良い人生を送っていけるように、ゆるく暮らして行こう!

 

終わりに。

子育てとは、どんな気分なのだろうか?僕は、ろくに動物の世話もしたことがないように思う。同世代は、子育てというフィールドに突入し始めている。かなり未知だが、興味はある。男30歳、中野寛人。まずは、胸を張って笑えるように、地道に行こう。亀のように。

 

 

では、また。