中野通信

ささいなことに幸せを。

ミサイルとは。

こんばんは。中野寛人です。

 

ミサイルとは。

今日は午前10時過ぎに起きた。というのも、朝方、何か緊急アラートが鳴ったが、僕の眠気はひどくて、寝ぼけまくっていて、何かが起こったかと思ったが、平和ボケしている僕はまた眠りについた。10時過ぎに、リビングに行き、母親と話したり、テレビをつけるとその理由がわかった。ミサイルが日本の上空を飛んで太平洋に落ちたらしい。どこのチャンネルに変えても、ミサイルのニュースばかりだった。しばし、普段じっとしていられなくて見ていないテレビを見続けて見た。そんなことはあっても僕の日常は進んでいく。日課をこなし、昼飯を食べて、職場に向かった。学童保育所で、子供たちと会話をする。その中でも、ミサイルの話はやはり出た。子供たちとミサイルの話をしている現実。何だかなぁと思った。仕事終わり、彼女と電話をした。その中でもミサイルの話をする。心配されて、現状に気づく。戦争やミサイルの出てくる歌を思い出しながら、帰り道を歩いた。

 

終わりに。

ネット上で「今は戦時中なんじゃ?」という言葉に出会った。僕もそんな気がした。ミサイルが飛んでくる現実をどう受け止めれば良いのだろう。色んな人が色んなことを言っている。そんな事を思う日でも、仕事や、家族でご飯を一緒に食べる時間はやってくる。僕は明日も普通に暮らすだろう。なんだかやりきれないな。

 

では、また。

読んでくれてありがとうございました。