中野通信

ささいなことに幸せを。

余裕って大事。

こんばんは。中野寛人です。今日の夕焼けも良かった。綺麗な夕焼けが見れるだけで、かなり満足できることに気づいたこの頃です。では、ブログ更新です。

f:id:nakahiro28:20170831195122j:image

余裕って大事。

学童保育所の話なんですが、最近自分に余裕を感じる。というのも、子供たちとの接し方に悩んでいたこともあって、その頃は、どこか余裕がなかった。余裕がないと、心もどこかぎこちないし、無理しちゃったり、細かいところを気にして勝手に凹んだりだった。でも、もう少しで2年が経つ学童保育所生活をこなす内に、ふと無理をしなくなった自分がいた。余裕があると、子供と会話をしている時に、相手をどうやったら笑わせれるかな?とか、くだらない閃きが浮かんできやすくなって、起こっている状態を面白がれるようになった。面白がれる自分でいることは、すごい良いことで、なんだ、案外、笑えることって転がってるなぁと、それに気づける自分が嬉しくなった。平和にいこう。

 

終わりに。

というわけで、キツキツでいることを辞めようと思う。ゆとり、余裕がある暮らしを大事にしたい。お世話になっている病院の心理士さんにカウンセリングを受けている。そこで「ゆとりがないと作品は作れない」と言う名言を頂いた。確かに、作詞作曲を良い感じで出来ている時って、ゆとりがある時期だ。予定がバンバン入る時期もあれば、スッカラカンの時期もある。僕は、余裕を求める。そんなこの頃だ。

 

では、また。