中野日記

小さな小さな幸せを。

全ては、体力だ。

旅の4日目の夕方を迎えている。昨日から箱根に向かい、温泉グループおんせんずで、旅館に泊まってきた。その後、都内へ戻り所用を済ませた後、現在、横浜にあるカフェでブログを書いている。

f:id:nakahiro28:20171003173551j:image

 写真は小田原市の御幸の浜での一枚。2010年辺りに私は小田原の近くに住んでいて、よく1人でここに来ていた。今回、久しぶりに足を運び、懐かしい気持ちやら、なんやらで、胸がいっぱいになった。

f:id:nakahiro28:20171003173602j:image

話を戻そう。おんせんずとは、温泉に入りに行くために結成された男3人組のグループである。2014年ごろに結成され、温泉に入りに行ったり、ディズニーシーに行ったり、江ノ島に泳ぎに行ったり、温泉の枠を超えた活動を展開している。2人は東京、私は岩手に住んでるため、3人での活動は少ないが、お互いにできることをやろうということで、温泉にたくさん入りに行く日々を送っている。今回、久しぶりの再会で、箱根の宿に一泊した。かなり寛げたし、4回も温泉に入ったので、かな〜り満足できた。楽しかった。

 f:id:nakahiro28:20171003173631j:image

全ては、体力だ。(終わりに)

現在、カフェでコーヒーを飲むという毎日の習慣をしているため、体力が回復している自分に気づく。しかし、さっきまで、私は移動疲れなのか、何なのか結構疲れていたことに冷静になって気づいた。旅は体力勝負なのだなぁとも思った。体力があれば、どこまでもやれそうな気がする。体力がないと、一歩も進まなくなる。ちょっした笑いも、余裕があるから出来るのだなぁと再確認する。行き詰まると悲観的になる自分に気づく。でも、好きな音楽を聞けたりするだけで、心が弾む自分にも気づく。旅は後5日間残っている。さぁ、どんなことが起こるだろう?

 

では、また。