中野日記

小さな小さな幸せを。

たび4日目。トラベルはトラブルだ。

こんばんは。なかのひろとです!旅の4日目を迎えている。だんだんと旅というよりも住んでいる気がしてきた。非日常から日常に変わりつつある心境の中でブログ更新です!

f:id:nakahiro28:20180412165426j:image

果報バンタへ行く。

今日の1番の良かったことは、果報バンタに行けたことです。写真のように綺麗な海を見ることが出来て、その場所は開放的で気持ちが良かった。うるま市の海中道路から行ける離島で宮城島という場所です。天気がちょっと悪かったんですが、それでも綺麗でした。後からネットで「果報バンタ」と検索すると、素晴らしく綺麗な写真が出てきて仰天する。ここはすごいぞ。

f:id:nakahiro28:20180412165444j:image

その次に伊計島にあるビーチに連れて行ってもらう。サンダルを持ってきたので、ビーチで軽くチャプチャプしたかったものの物凄い雨が降ってくる。かなり強い雨だったので、びちょびちょになる。

f:id:nakahiro28:20180412165454j:image

昼ごはんに食堂にも行った。沖縄は食堂が多いらしく、街の至るところにある。共働き世帯が多いためらしい。しかも安いので懐にも優しい。中身汁という沖縄の郷土料理の定食を食べる。優しい味で美味しかった。

 

トラベルはトラブルだ。

旅にはハプニングが付き物だという。だからトラベルとトラブルは言葉が似ているんだよと昔教えられた。ここで今回の旅で起こったトラブルを紹介したい。旅のほとんどを長ズボンで過ごしているけれど、半ズボンも持ってきた私は、それを着て、カフェに行った。カフェは、ひんやりしていた。ブログを書き終わるまで店は出ないと決めていた私は、次第に寒くなって行く身体にムチを打っていた。そしたら、寒さによりお腹が痛くなった。お腹が痛くなるのが珍しい私は焦った。トイレに行っても解決しない腹痛に精神をやられた。それが次のハプニングを生む。カフェをなんとか後にした私はお腹が空いていたのでホットモットでのり弁当を買った。宿に着き、腹痛なのに食べようとした私は焦っていた。白身魚のフライにかけるためのソースの開け方を失敗し、薄ピンク色のハーフパンツにソースをぶちまけた。普段しないようなミスを犯してしまうのは旅だからだろうか。頭が真っ白になり、ソースを呪った。今までソースは味方だと思っていたが敵になった瞬間だった。ソースを見くびっちゃいけない。そんな教訓を得た。旅には危険が溢れている。醤油だって危ないかもしれない。塩なら大丈夫だろうか。タバスコは?調味料を使う時に焦ってはいけない。そんなことを旅で学びました。トラベルはトラブルだ。

 

終わりに。

しかし、それでも4日が経ち、住んでいる錯覚がしている。道行く人を眺めながら、店で働く人と関わりながら、沖縄の時間を過ごしている。明日は何をしよう。無理はしなくていい。赴くままに。落ち着いて行こう。

 

では、また。

読んでくれてありがとうございました!!