中野日記

小さな小さな幸せを。

3ヶ月の無職期間を振り返って。

おはようございます!私事ではございますが、就職先が決まりました!今週末から働き始めます!なので、今日までの無職期間を振り返ってみます。ブログ更新です!

 

3ヶ月の無職期間を振り返って。

3月末に学童保育所を辞めてから、気づけば7月に入っていた。この間、私は何をしていたのだろうか?大きな行動としては「沖縄に歌いに行ったこと」「料理を始めたこと」「絵を描き始めたこと」「故郷で自分のコンサートを企画したこと」などが挙げられる。「終わりがあるから始まりがある」みたいな言葉を信じておりまして、前職を辞めたことによる余白による新しい何かを期待しておりました。素晴らしいアイデアが思いつくのではないかと自分に期待しておりました。しかし、そこまで物凄い奇跡は、やはり起きることもなく、窮地に立たされた感もあった3ヶ月間でした。しかし、上にあげた出来事を経験できたことは、すごく良かったです。他にも、会社に勤めていると、上からの指示を受けて、やることが出来ます。しかし、完全に無職になると、ほとんど誰からの指示もありません。その中で、どう自分を管理できるのか?自分の生活の時間割をどう作るのか?が試されている気分になりました。でも、自分で決めた「ラジオ体操を毎日する」「1日10,000歩歩く」とかを実行すると少しは自信になりました。「個人事業主」とか「自営業」とかに向かう自分に期待したんですが、そんな簡単に上手く行くわけもなく、まだまだ力不足を感じた3ヶ月でした。

 

終わりに。

というわけで、またどこかの会社に所属する自分を始めるわけですが、どうなるでしょう。ちなみに某弁当屋さんです!!料理ができるようになれば、人生に役立つと閃いたので、こちらの職に就こうと思いました!しかし、面接で「この仕事をしても残念ですが、料理の腕は上がりませんよ」と上司に言われました。私は何をしに、この会社に行くのでしょうか?まぁ、でも雇ってもらえたので、楽しんでみます!「雇われない働き方」に憧れていたんですが、また「雇われる働き方」を試したいと思います!!がんばるぞ!!おう!!

 

では、また。

読んでくれてありがとうございました!!!