中野日記

不思議っていいね。

相手の大変さが分かっているのか?

周りを見渡すと「絵」を描く人に気づくようになった。それに刺激されて、絵を描いて気づくこともありました。日記の始まり〜始まり〜!

f:id:nakahiro28:20181025185648j:image

相手の大変さが分かっているのか?

上の「さかな」を描くのに2日間かかりました。描いては休んで。描いては休んで。描いては休んで。完成した時に「やったーー!」と思いました。この時、絵を描くというのは、こんなに時間が掛かるんだなぁと思ったのです。私は今まで絵を描く大変さを、あまり理解してなかったのかなぁと思いました。美術館などに行っても大きなサイズの絵を10秒ぐらい見て、その場を去ることをしてきました。その大きな絵は、一体どれくらいの時間をかけて描いたのだろう?1週間?2週間?1ヶ月?半年?と、今まで見た絵を思い返しました。つまり、自分でやってみて、初めて、その大変さが分かるという体験をして、私は周りの人がやっている仕事や活動の大変さを理解していたのかと疑問を感じました。

f:id:nakahiro28:20181025185655j:image

「かえる」の絵です。「さかな」同様、カラフルに憧れている心模様が現れているに違いない。

 

終わりに!

その物事の凄さや大変さを知っている人ほど、迂闊なことは言わないのかもしれない。それに、絵を人に見せて歩いたのですが、同じ感想はありません。様々な感想をもらいました。良い感想というのは、心に残る。じゃあ、逆に私が誰かの作品を見た時にナイスな発言が出来ているのか?と思ったのです。やはり、感想を言い合うのは面白いなぁと思いました。

 

では、また。

読んでくれてありがとうございました!!!