中野日記

ぽよよよよん。

狭義的な仕事はできなくても、広義的な仕事をしよう。

道を歩いていました。そしたら、タイトルのようなフレーズが浮かんできました。どうゆう事か考えたくなったので、日記の始まり〜始まり〜!

f:id:nakahiro28:20181218144915j:image

狭義的な仕事はできなくても、広義的な仕事をしよう。

給料をもらう仕事をするようになり、10何年経つ。今まで10何個ほどの仕事に就き、トライしたものの、一人前になれたものはない。仕事仲間のレベルの高さについていけず、辞めたこともある。なぜ、こんなに稼ぐというのは大変なのか悩みすぎて死にそうになったこともあった。しかし、最近、悩んでも解決しないなと開き直りつつある。これが良いのか悪いのかは謎だけど、気持ちは随分楽になった。そんな時にタイトルのフレーズが浮かびました。雇われて働いて給料をもらうことが狭義的な仕事というなら、逆に広義的な意味では、もっとフワッとした感じで仕事を考えることも出来るんじゃないかと思った。ある1つの行動が、ある所ではお金に変換できる仕事になるけど、もう片方の場所ではお金が発生しないみたいなことは、どこの世界でも大いにあるように思えてきた。私は、その後者で、あまり稼ぎにはなってないけど、意外に歌作りとか絵を描くとか仕事量としては少しはしてるのではないかと開き直りつつある。後、例えば、街の中をあまり人が歩いていないと寂しいなぁと思うとして、街の中を自らたくさん歩き活気づく活動が出来れば、それは地域活性化に役に立っているのではないかと、自分の行動にプラスの意味を持たせることも可能だ。何が言いたいのかと言うと、わかりやすい給料が対価としてある仕事以外にも、広い視野に立てば仕事は無数にあり、それを胸を張って行っていれば、きっと良いことが巡ってくるのではないかと楽観的に思っています。

f:id:nakahiro28:20181218144924j:image

終わりに!

前向きでいたいと思いました。良い人生とは何だろうか。充実とは何だろうか。自分にできることを少しずつやろう。のろのろのペースだっていいじゃないか?亀なのかい?うさぎなのかい?それぞれのペースで自分なりの幸せを探していこう。1人1人答えは違う。多数派の意見とか、少数派の意見とか何でもアリだ。カラフルな不思議な世界でも楽しそうじゃないか。やっていきましょう。

 

では、また。

読んでくれてありがとうございました!!!