中野日記

裸一貫、たくましく!

愛想笑いをし過ぎると死にそうになる。

夕暮れがキレイだった。こんな空を見れるだけで、生きることは捨てたもんじゃないなぁと思う!では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20190731111020j:image

愛想笑いをし過ぎると死にそうになる。

最近、なんだか分かって来た。自分の出来ることと出来ないこととかが。レジの仕事をしていると、色んなお客さんが現れる。ニコニコした人は問題ない。問題なのは、不機嫌そうな人や無愛想な人やイライラしているように見える人だ。なんで、この人たちに丁寧にニコニコと接客しなければ行けないか分からない。そういう人に対し、愛想笑いを続けていると、自分の心が淀んでくる。ダメージを食らってくる。負の感情に触れると、自分の精神にダメージを食らう。これをどうしたら良いんだろう。そもそも、下手に出て接客してるのが納得いかない。対等に接したい。もちろん、程度問題でもある。長時間は無理だけど、1日に小時間なら愛想笑いも出来る。だから、なんとかレジを続けられるんだけど、長時間はまだ出来ない。どうしたら良いんだろう。

 

終わりに!

死にそうになりながら、愛想笑いをしている。なぜ、食べ物の好き嫌いは無いのに、人間の好き嫌いが激しいのだろうか。でも、思った。人間を心から愛することが出来るようになれば、何か変わるだろうか。模索は続く。

 

では、また。

ありがとうございました!!!