中野日記

完全燃焼したい!

永久の未完成これ完成である。

夕焼けがキレイだった。なんだかそれだけで良かった。そうなんだ。日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191127200217j:image

永久の未完成これ完成である。

宮沢賢治さんのこの言葉に出会った。宮沢賢治さんは、どういう意味で、この言葉を残したのか、私はよく研究をしていない。しかし、この言葉に出会った時、私はホッとしたのだ。心が楽になったのだ。例えば作詞作曲に関してだ。歌を作る。何度も作る。良いかもしれないという歌ができる。しかし、時間が経つと虚しさが訪れたりする。この歌は本当に良いのか。なんだか物足りなく感じる。だから、また作る。そして苦悩する。私なりに苦悩する。そして出来て、手応えを感じる。というようなことを、ずっとやっている。そんな時に、未完成は完成なんだよと言われ、救われた。このままでも良いのですか?とホッとした。たぶん、宮沢賢治さんは、きっともっとすごく意味のある深い言葉なのかもしれないけど、私は、勝手にホッとしたのだった。そうなんです。

 

終わりに!

そして、また作り始める。永遠に未完成のまま作り続ける。その先に何かが待っているのかもしれない。待っていないのかもしれない。

 

では、また。

ありがとうございました!!!