中野日記

私は生きている

1人だったらケンカもできないんだよ。

こんばんは!こんばんは!なかのひろとです。日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191209181752j:image

1人だったらケンカもできないんだよ。

最近、思う。口論になったりするとして、お互いが思っている事を言えるって、それって貴重なことなんじゃないかと。仮に、どちらかが達観していたり、幼すぎたり、意識レベルが違いすぎたら、口喧嘩にもならないのではないかと思った。あるいは、どちらかが、語彙力が豊富すぎて、一方的に完全に口で負けるみたいな人とはケンカができない。だから、同じぐらいの表現レベルの人と話すのは、そんな人に出会えるのは、とても幸せなことなんじゃないかなぁと思い始めた。もちろん、いつも仲良くいれれば良いんだけど、そんないつも空が晴れているみたいな状態の関係はあるのか。雨だって台風も来る。そっちの方が自然なような気がする。どうでしょう。

 

終わりに!

これは人と関わる時の全てに言えるかもしれない。他にも、前に「居心地の良い関係というのは、どちらかの我慢で成り立っている」という言葉に出会ったことがある。私が我慢しているかもしれない。相手が我慢しているかもしれない。とにかく、関わる色々で、良い関係を作れるようにしたいです。

 

では、また。

ありがとうございました!!!