中野日記

私は生きている

ギターを持たないで挑む。

日記の始まり、始まり〜。

 

ギターを持たないで挑む。

私という人間と関わる上で「私がギターを持って歌っているところ」を見たことがあるかどうかというのが、重要になってくると思っている。と言うのも「ギターを持って歌っている姿」を見てもらえると、ちょっと自分を理解してもらえたかな?と思えるんだ。会話で自分をあれこれと説明するより、一曲聴いてもらった方が理解してもらえる気がするのだ。そんなわけで、言い方を変えれば、歌やギターに頼っているとも言えるのだ。そんな生活を送っているのだけど、もちろん私のギター姿を見たことない人も、沢山いるわけです。その方々に、どうやって自分を理解してもらうかが、最近の課題です。だから、ギターを持たなくても、自分らしさを出せるようになれればいいのですが、普段、ギターに頼ってしまうため、ギターを持っていない時にフワフワしてしまう。フワフワしないで、何も持たない状態でも、自分を保っていたいものです。修行は続く。

 

では、また。

ありがとうございました。