中野日記

私は生きている

前向きの壁。

日記の始まり、始まり~。

 

前向きの壁。

物事をクリアしていくためには「前向き」が必要なんだと、若いころに思った。なので「前向き」になろうと努めて、実際、前向きになれた時期もあった。しかし、だんだん「前向き」だけでは乗り越えられない壁があるのではないかと思い始めた頃があった。そんな時に「後ろ向き」に出会った。というか「後ろ向き」になるぐらい物事が上手く行かないことが重なった。そして「後ろ向き」が身近に感じられるようになった。そんな訳で「前向き」と「後ろ向き」があることを知り、この先どうするかということだ。私は、歌で考える。歌によっては「後ろ向き」なことを描きつつ、なお「前向き」に進んで行こうとする歌がある。そのような「マイナス」から「プラス」へみたいな持って行き方が、なんだか心に残る。だから表現するにあたって「前向き」だけでも半分だし「後ろ向き」だけでも半分なんだと思う。ごちゃ混ぜにして、これから何かを生み出したい。

 

では、また。

ありがとうございました。