中野日記

私は生きている

何もなくても楽しかった。

日記の始まり、始まり~。

 

何もなくても楽しかった。

思い出そう。たぶん、人生の始めの頃は、何もなくても楽しかったはずだ。そんなに手に入れたものがなくても、何も持っていなくても楽しかった。なのに、どうだろう。大人になって、いろいろ手に入れたり、失ったりをして、それなりに時間が経っている現在、人生の楽しさを忘れていないだろうか。私は少なくとも人生の新鮮さを忘れている。これが本当にもったいない。もっとルンルン気分で生きたいのだ。何をするのも面倒くさくなって、気が乗らなくて、みたいな自分は嫌じゃないか。思い出せよ。ルンルン気分で生きていたあの頃を。何者でもなかったあの頃、オレは、オレたちは、確かに楽しんでいたじゃないか。まだ諦めない。人生は、このまま終わらない。

 

では、また。

ありがとうございました!!!