中野日記

うお〜〜〜〜!!!

虚無感を抱えている人を何とかしたい。

日記の始まり、始まり~。

 

虚無感を抱えている人を何とかしたい。

身体に力が入っていないような、目がうつろのような、生活に張り合いのないような、そんな虚無を抱えているような人を多く見かける近頃です。そのような方々を勝手に心配している。彼ら(彼女ら)は、なぜ、そのような状態になっているのだろうか。いや、その人たちだって、仲の良い人の前では、楽しくイキイキと会話をしているのかもしれない。だから、私が勝手にお節介しているだけかもしれない。だけど、生きているのがしんどそうに見える。どうすればイキイキと暮らせるのだろうか。生活に困らないお金があれば、元気になれるのだろうか。大好きな人と過ごす時間を増やせば、楽しい日々を送れるのだろうか。手応えを感じる日々を送れば、虚無は晴れるのだろうか。と、こんなことを書いた私にも、いつ虚無が襲ってくるか分からない。元気な人も、元気じゃない人も、皆、同じ地球に生きている。私に何ができる?なぜか、私は、最近調子が良い。この元気を何かに使った方が良いと思う。ただ使い方がわからないし、しんどいことをやりすぎると、すぐボロボロになってしまう所があるだけだ。誰か私を何かに使ってください。そうだろ?!

 

では、また。

ありがとうございました!!!