中野日記

うお〜〜〜〜!!!

私は強さを忘れていると思う。

私は強さを忘れていると思う。

f:id:nakahiro28:20210903162602j:image
精神病の世界に入った時に学んだとても大切なことは「自分の弱さ」をオープンにしてもいいんだなぁということでした。どちらかというと弱さを隠しながら生きてきた自分としては、弱さをお互いに伝え合う精神病の世界は今までに体験したことがない不思議な世界でした。どうやってもがんばれない情けない弱さや、逃げ出してしまう弱さを伝えても、受け入れてもらえる空間がそこにはありました。弱さを伝えることは、最初はガッカリされるのではないかと心配していたのですが、逆に助け合いができたり、温かい気持ちになれたり良いこともたくさんありました。自分のダメな部分を伝えても良いんだなぁと気づけた瞬間でした。しかし、そんな生活を送って気づいたのですが、世界には「強がる世界(コミュニティ)」もたくさんあるということでした。「弱さを認めない世界」とも言えるかもしれません。弱音を吐くなと、どこまでも上昇志向な人もたくさんいるんだなぁと思っています。どこまでも前を向いて行く、そんな人もいるのです。弱さをオープンにすることに慣れた私からしてみたら、別世界の人間に見えたのでした。しかし、弱さを伝える暮らしを続けていた私は思ったのです。「オレ、本来の自分の強さを忘れているんじゃないか?」と。「案外、オレ、強いところもあるんじゃないか?」と思うのです。「オレ、そこまで強くもないけど、そこまで弱くもないんじゃないか?」と思ったのです。ただ、私は一度強がり始めると、弱さを見せれなくなって苦しみ始めて自滅する気がするのです。自滅した結果が入院だと振り返ります。今の方が(弱さを見せて生きる方が)気持ちは穏やかなのです。どうすれば1番ちょうど良く暮らせるのだろうか。強さも見せて、弱さも見せて。強さも受け入れて、弱さも受け入れて。そんなバランスの良い暮らしはできないのだろうか。そんなことを思うのです。人間は弱くて強い生き物だと思うのです。

 

ベイべー!!!アイラブユー!!!