中野日記

どこでも生きていけるようになりたい

人は得意な感情をたくさん使うようになる。

人は得意な感情をたくさん使うようになる。

自分の感情が相手に伝わるのはすごくうれしい。伝わった時の感情が成功体験になるのだと思う。その味をしめて同じ感情を乱発するようになる。その感情を相手に見せた時の反応もイメージできてくるので、それを安心して使うようになる。しかし、それだけで良いのだろうか。本来、感情はグラデーション豊かなものだ。何百色もあるのが自然だ。本当に感情表現豊かな人というのは、色んな顔を見せるのだと思う。私に関して言えば、悲しみを伝えるのが得意になりすぎて頼りすぎていると思う。でも本来、楽しさも怒りも喜びも悔しさも虚しさも全て素直に出せる方が自然だと思う。どんどん不自然になっていくぜ。自然に戻れ。

 

では!!!

歌いたいというか叫びたい。

今日の空です。

f:id:nakahiro28:20210727192555j:image

歌いたいというか叫びたい。

ずっと歌いたいんだと思っていた。しかし、もっと探っていくと叫びたいんじゃないかと思うようになってきた。発声練習やギターで弾くのを繰り返しているんだけど、それはなんだかレールの上をしっかり走っているように感じた。私はそれを脱線したいと思っていることに気づいた。叫び慣れていない。叫んでみたんだけど上手く叫べなかった。私の野生が少ないんだと思う。野生を思い出せ。叫べ。

 

では!!!

世界には楽しいことがたくさんあるのかもしれない。

世界には楽しいことがたくさんあるのかもしれない。

私がその物事の楽しさに気づいていないだけで、世界には楽しいことがたくさんあるのかもしれない。どんな分野も楽しむにはコツが必要だったりするので、そのコツを掴めれば楽しめるかも。仲の良い人の影響で、その分野を好きになったりもするので、誰と出会うかも大事だよなぁ。楽しさを見つけるのが得意な人はスゴイよなぁ。楽しみ見つけ名人だな。そうだな。

 

では!!!

家の中にある物を全部食べなければと思ってしまう。

家の中にある物を全部食べなければと思ってしまう。

基本的に家に食べ物を置かないスタンスで暮らしている。というのも、あればあるだけ食べてしまう癖がある。それを避けたいために家に食べ物を置かないのだ。しかし、最近頂きものなどで家に食べ物が多い。早く減らしたいと思ってしまい少し焦っている。家に食べ物があると焦ってしまうのだ。なんとも生活しづらい性格をしていると自分でも思う。食べ物がたくさんあっても平常心を保てるようになりたい。落ち着きたい。

 

では!!!

どんどん考える時間が増えている。

どんどん考える時間が増えている。 

昔は考えるより行動だ、みたいな感じで、行動が大切なんだと思っていた。しかし、どんどん考える時間が増えていくにつれて、自分の行動が減っているように思う。考えているだけじゃダメなんだよと思っていたけど、別に考えている時間が多くても良いんじゃないかと思うようになってきた自分がいる。考える時間が増えたメリットもあると思う。それは慎重になったことだ。考えるより行動が早かった頃は、その分問題をたくさん起こしていたと思う。考えてばかりいることをダメなことだと思わなくなったものの、逆に今度は行動力が減ったと思う。なんだろう。たぶん行動力が減ったことにちょっとガッカリしているということは、やっぱり行動力がカッコイイと思っているんだと思う。昔は考えなさすぎてした行動で人に怒られたりもしたけど、最近は考えすぎだと指摘される。でも、それでも今まで出会った人たちに感謝しながら生活して行くのだ。

 

では!!!

アウトドア派になりたい。

アウトドア派になりたい。

油断しているとインドアしてしまう。家の中にいるのが落ち着く。私は根がインドアなのだと思う。だからこそだ。外に出ろ。家を離れろ。ふるさとを離れろ。太陽の光を浴びろ。外の空気を吸え。アウトドアに憧れている。自然と一体化したい。私は分離している。アウトドア派になりたい。

 

では!!!

画家になりたい。

画家になりたい。

白い紙を前にしてもなかなか絵が描けない。言葉を書いてしまう。言葉で伝える以外で表現したい。身近に絵を描く人が多い。なんでだろう。オレの目線が絵に行くようになったからそうなったのだろうか。この世界は、もともと、絵を描く人がたくさんいる世界なのかもしれない。言葉に頼るな。絵を描け。絵を描き続ける人の潔さに憧れる。人が絵を描いているところを見るのも好きだ。絵に興味がある。

 

では!!!

世の中はアクセルとブレーキでできている。

世の中はアクセルとブレーキでできている。

そんな感じがする。賛成派と反対派みたいな。進んで行こうとする側と戻ろうとする側みたいな。車にはどちらの機能も必要なわけなので、アクセルもブレーキも大事なのだ。でも進んで行くことは確かだ。車も進んで行くし、時間や時代も進んで行く。自分自身もアクセルとブレーキを使い分けて進んで行く。そんな感じがする。

 

では!!!

0になる。

0になる。

やはり人生は増えていくか、減っていくかだ。(なにが?なにを?)増やしたいのか、減らしたいのか。プラスに行きたいのか、マイナスに行きたいのか。そこで0はどうだろうか。実際には0ではないのは確かだ。経験だって、どんどん増えていく。でも自分を0だと思って、産まれたばかりだと思って、経験が少なかった頃のように、見るもの出会うものにウキウキワクワクできないかな。私たちは経験することによって変わっていく。良くも悪くも変わっていく。この先どうなってしまうのだろう。持ち物を処分した時にスッキリするのは0になったように感じるからだと思う。100になっても良い。1000になっても良い。-1000になっても良い。戻れるし進める。それが人生だ。

 

では!!!

無い。

無い。

例えば、どんどん持ち物を増やしていく生き方に対し、限りなく持ち物を減らしていく生き方に憧れている自分がいる。なんでだろう。その潔さが美しいのだろうか。何も持たないで、どこかへ出かけることができる人の身軽さに憧れる。あれはできるようで、なかなかできないと思う。ついつい不安になってアレもコレもと持ち物が増えてしまうものだ。無い。身軽でも良い。捨てていく。減らしていく。スッキリする。無駄なものが無い状態だろうか。それは、できるようでなかなかできないと思う。なんだろうか。不安がどこかにあるから増やしていくのだろうか。例えば、お金が無くても死にませんよ、生きていけますよ、安心してくださいという世界だったら、こんなにお金を貯めることに、こだわらないんじゃないだろうか。だから、やはり不安から全ては始まっている。不安を感じなかったら、どんなに元気になれるだろうか。だから、持っていなかったり、何も無いのにめちゃめちゃ元気な人がいたら最強だと思う。無いことに恐れていない。そんな生き方はできるのだろうか。そんな生き方は受け入れられるのだろうか。

 

では!!!

潔く生きる。

潔く生きる。

過去のことでいつまでも悔やんだり、ちょっと先の未来を考えて不安になったり。潔くない。もっとサッパリとスッキリと清々しく生きれないものか。どんどん重くなっていく。確かに重くなっていくのも1つの成長だろう。しかし、私はそれだけでいいのかと思う。軽やかさも大切だと思う。ノリの良さとでも言おうか。伸び伸びと生きたり活発に生きる。そういう元気な気持ちも大切だと思う。そのためには悩んでいる出来事に潔くお別れをすることも必要だ。水がどんどん流れていくように。季節が止まらないで移り変わっていくように。街の建物が壊されては作られていくように。どんどん動いていく。そうだ。動いていくのが大切なんだ。止まっていない。風が吹いてどんどん空気が循環していくように。動いていく。溜め込まないで捨てるものはどんどん捨てていく。そしたら新しい何かが入ってくる。そんな潔い生き方を、暮らしをしたいと思った。

 

では!!!

マスクについて考える。

マスクについて考える。

コロナウイルスが流行してから、マスクをつけるようになりました。初めの頃は違和感を感じていたけど、ずっとつけている内に「しょうがないかぁ」みたいな気分になってきて、今ではマスクをつけないと不安になることもある。お店にもマスクをつけなければ入れないしなぁ。たまに、マスクを忘れてしまい、家に戻らなくてはいけなくなることもある。街中の人も、ほとんどの人がつけているし、なんだか、そういう流れなんだなぁと思い、マスクを受け入れられたのかもしれないなぁ。でも、マスクをしない方が楽なのも確かなんだよなぁ。

 

では!!!

たくさん店があって良かった。

たくさん店があって良かった。

自分で食べるものを買うようになって、ずいぶん月日が流れた。そして思った。同じ店に行くと同じものを買ってしまう。食べてしまう。もちろん美味しいのだけど、何回も食べていると慣れてしまう。つまり!!!店が多ければ多いほど、違う食べ物が売っていて、その分いろんな味を楽しめる。この世界にたくさんの店があって良かったと思う。店の数が多ければ多いほど、楽しみが増える。店を開いている方々に感謝だ。そして色んな店に行こうとするが、なんだかんだ近いところほど行きやすいのだ。たまたま近いというのは、それだけで、とても運命的なんだなぁと思った。あぁ、たくさん店があって良かった。

 

では!!!

好奇心があって積極的で行動力があるね。

好奇心があって積極的で行動力があるね。

友人に私の良いところは何なのかと聴きました。そしたら上のような言葉をもらいました。振り返れば、若かりし頃(22歳ぐらいまで)は、自分でもそう思っていました。しかし、何なんですかね。自分よりも、もっと好奇心があって積極的で行動力がある人に出会って、自分は全然足りないじゃないかと思ってから、自分は良いところが足りないじゃないかと思い始めたのでした。しかし!!!現在の私でも、私より好奇心や積極性や行動力がない人からしてみたら、私はある方なんだと気づきました。つまり、誰と比べるかということですよね。誰とも比べなくても、自分の良いところは良いところだと胸を張れれば良いんですが、私はまだまだ比べてしまうところがありますね。困ったものです。もう一度若い頃の気持ちに戻って、自分の良いところを前向きに捉えて見ようと思います。

 

では!!!

無い方へ行く。

無い方へ行く。

こんな言葉が浮かびました。いや有る方にも行きたいんですよ!!!増やすとかね!!!しかしあまりできないというか上手く増やせないというか。だったら減らす方へ。無い方へ行くというか。私は減らす方向の方で上手く行ったことが2つあるんですよ。ダイエットと物の片づけです。この2つは本当に気分が上がりました。減らす方向、無い方向へ行ったらウキウキしたんです。だから無い方に行くのが向いている気がするんです。でも有る方向も興味があるんですよ!!!でも、今は無い方向かなぁ。

 

では!!!