中野日記

うさぎ年生まれです

コーヒーがあんなに好きだったのに。

日記の始まり、始まり〜。

 

コーヒーがあんなに好きだったのに。

毎日、毎日、飲み過ぎなのかもしれない。最近、コーヒーを飲んでも、ときめかない。惰性で飲んでいる感じがする。もっと昔は好きで飲んでいたのに。飲みすぎて、感覚がマヒしているのかなぁ。ちょっと飲む回数を減らしたりした方が良いのかもしれない。コーヒーの美味しさを忘れてしまった。

 

では、また。

24時間、自分でいたい。

日記の始まり、始まり~。

 

24時間、自分でいたい。

どうだろうか。この標語みたいな言葉は。私の生活を振り返ってみると、働いている中で「あるがままの自分ではなく、その組織に合わせた、組織で通用するための自分」を求められることが頻繁にあった。そのたびに、自分でいたいなぁ~、素の自分のままでいたいなぁ~、と思っていた。組織的に正解な自分と、本来の自分は違くて、いつもモヤモヤしていた。そして、転職を繰り返す。もう、こうなったら、素の自分で生きていける方法を探した方が良いのではないか。その方が、世界のためになるのではないかと思った。というわけで、24時間、自分でいれたら幸せです。たぶん。たぶん。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

身体を動かした方が良い。

日記の始まり、始まり~。

 

身体を動かした方が良い。

止まっていると、後ろ向きになって行く気がする。もっと身体を動かした方が良い。頭や心だけでなく、上半身や下半身を動かした方が良い。口を動かすだけでも、まだ気がまぎれる。散歩はしているけど、もっとだ。もっと色んな部分を動かした方が良い。その方が前向きになれる気がする。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

人生が進んで行く感じがすることをしよう。

日記の始まり、始まり〜。

 

人生が進んで行く感じがすることをしよう。

今やっていることの中で、進んで行く感じがするのは、やはり「歌」に関わることなんだよなぁ。なんでこんなに「歌」にこだわっているんだろう。自分を表現しやすいからかな。歌を歌って、聴いてもらった人に、感想をもらえると、そこでも、また前進した気分になれる。そう考えると、歌をやり続けた方がいいんだなと思う。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

自由を感じられる瞬間が好きだった。

日記の始まり、始まり~。

 

自由を感じられる瞬間が好きだった。

年を取るほどに、自由を感じられなくなっている気がする。もっともっと自由を感じていた若い頃の感覚を思い出したい。あれは若かったから感じていたのだろうか。なんで自由になれないんだろう。あの頃、確かに私は自由を感じていた。錯覚だったんだろうか。この先の人生が冒険のように始まるんだと思っていた。色んなおもしろいことが起こるんだと思っていた。しかし、いざ実際の自分は、現実(自立ができていないこと)をもがいている。たまに自由を感じても、それはつかの間で、ひと時の自由で終わってしまう。自由を感じる心が長続きしない。今のままの方法では、何かが欠けているのだろう。もっと、こう、身体の底から感じられる腑に落ちる自由があるんだと思う。長続きする自由があるんだと思う。力が足りないのか、スキルが足りないのか、信用が足りないのか、努力が足りないのか。もちろん全部だろう。いろんな部分が足りないんだろう。でも、人生は続いていくわけだ。現状のまま生きることもできる。それでもいい。でも、例えば、もっと人生が進んで行くような生き方もできるはずだ。進むってなんだ。どう進むんだ。自分はどうなりたいんだろう。少なくとも、自由の風をもっと感じたい。そうなんだ。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

何かが身につくところに身を置く。

日記の始まり、始まり〜。

 

何かが身につくところに身を置く。

そこにいることによって、何かは上達するだろうか。身につくだろうか。何かが身について、人生が前に進む感覚になれるなら、そこに居続ける意味はあると思う。成長していく感じがして、その場所にいるのも楽しいだろう。でも、もし、今の場所で、これ以上、身につくものがないと思えてしまったら、別の環境に自分を移すのもアリだろう。今の場所に別れを告げて、新たな環境で挑戦だ。そんなことを思う。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

考え方を変えたい!

日記の始まり、始まり~。

 

考え方を変えたい!

全ては、考え方のような気がしてきた。人生の中で、時代時代で、考え方が少しずつ変わってきたように思う。考え方次第で、世界は、色んな色に見えるだろう。良いと思っていたことが悪いと思えるようになったり。嫌だと思っていたことが好きになったり。興味が無かったことに興味を持てるようになったり。カッコ悪いと思っていたことが、カッコいいと思えるようになったり。暮らしていると、考え方が少しずつ変わっていく。ならば、どのような考え方をしたいか、自分がどう生きたいかという事だ。考え方は自由だ。というか、考え方が変わった瞬間に、生まれ変わったような気分になれたりするんだよな。新しい自分がスタートみたいな。新しい人生がスタートみたいな。こんな生き方があったのかと知れた時の喜びにも似ている。そんな瞬間を焦がれている。むしろ自分が体現したい。そうなのだ。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

食べ物が無ければ食べない。

日記の始まり、始まり〜。

 

食べ物が無ければ食べない。

人生で1番、食料調達が困難な家に住んでいる。ふり返れば、今までの家は、コンビニやスーパーや飲食店が近くにあったんだなぁと思った。そもそも、私は、食料があれば、あるだけ、いくらでも食べてしまう。その結果、一時期、太ってしまった。ダイエットするのは、本当に大変だった。それを経験してから、体重だけは現状維持しようと強く決意した。食料がたくさんある家で、我慢するのは大変だった。あれは、精神力を試される。何度も、食べ物がいっぱい入っている冷蔵庫の前に行き、扉を開けたり閉じたりしていたな。今の生活は、自分で食料を買ってこなければ、家に何もないという感じだ。これは、これでいい。食べるとか食べないって、どうすれば、1番身体に良いんだろう。よくわからないな。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

違う段階に進みたい。

日記の始まり、始まり~。

 

違う段階に進みたい。

そんなことを思った。たぶん人によっては、一つの物事に取り組みながら、深く深く進んで行く人もいるのだと思う。それが、私には、できなかった。私が違う段階に進む方法は、わかりやすく言うと環境を変えるということだった。職を変えることであったり、引っ越しだったり。そのようなことをすることで、やっていることも、考えることも、出会う人も変わって、自分の何かが変わっていくのではないかと思った。でも、実際は、どうだろう。今の自分は、望んでいた自分にどれだけ近づけただろう。でも、何かしらの段階は、進んでいると思う。そう思えるなら、割と、この人生も悪くないなと思えるような気もする。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

世の中をどうにかする前に、自分の生活をどうにかしろ。

日記の始まり、始まり~。

 

世の中をどうにかする前に、自分の生活をどうにかしろ。

と思いました。現在、自立というものができていない私が「世の中のこと」をどうするか、みたいなことを考えるのは、まだ早いと思いました。その前に自分の生活だろと、やっと気づきました。自分の生活も、自分で維持できない私に、その他のことに手を付けることは、まだ早いとやっと分かりました。やっとそれに、気づけました。しかし、「生活」と「世の中」はとても深く関わっているような感じもするので「世の中のこと」を知れば「生活」もできるようになるのではないか、と思ったりもします。とにかくまぁ、そんな感じです。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

1人暮らしの仕方を忘れた。

日記の始まり、始まり~。

f:id:nakahiro28:20201111172735j:image

1人暮らしの仕方を忘れた。

実家での両親にサポートをしてもらいながらの暮らしを続けすぎた結果、1人暮らしの仕方を忘れていることに気づいた。1人暮らしが当たり前だった頃の感覚が思い出せない。ずっと、なんだか地に足のついていない感覚で生活している。ゴミ出しや、洗い物や、洗濯や、掃除などを自分ですることは分かる。光熱費などの支払いも迫ってくる。実家でサポートを受けながら暮らすのとは、全然ちがう心境になる。しびれるぜ。いつまで1人暮らしを続けられるだろう。収入がなければ、1人暮らしは継続できない。仕事探しをしている。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

「生活」と「仕事」を両立できない。

日記の始まり、始まり~。

 

「生活」と「仕事」を両立できない。

仕事づくしの毎日を送ると苦しくなる。一週間のほとんどを仕事に費やすことになり、生活を置き去りにしてしまう。じゃあ、仕事を減らして生活を優先しようとすると、今度は生活費が足りなくなって、生活できなくなってしまう。私のいう生活とは「夕焼けがキレイだから、見えやすいところに見に行こう」みたいな感じだ。夕焼けがキレイなのに、仕事をしているからその場所を離れられない、離れてはいけない、みたいな時が、なんだかもったいないと思う。一日をゆっくり味わいたい。仕事と生活のバランスが上手くとれるようになれば、いいのになぁ。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

本当の時間を過ごしたかった。

日記の始まり、始まり~。

 

本当の時間を過ごしたかった。

暮らしの中で「あ、いま、本当の時間を過ごせているなぁ」と思える瞬間がある。この感覚に自分を持って行けた時に、良い気分になる。私の場合、どうも「嘘の自分」を演じている時がある。演じるというか、その場を、無難に過ごすために、無難な言葉に逃げている時だ。無難な言葉に逃げてもいいんだけど、それで、得られる人間関係も、それぐらいのものになってしまうと思う。自分の気持ちと言葉がズレやすい。そんな時は、本当の自分を出せる相手と話すのが一番だ。そこで、たくさん話して、自分を保つ。そしてパワーがたまったら、まだ関係のできていない人と話に行く。そして、また「本当とは程遠い自分」を見せてしまい、あまり関係を築けず終わる。でも、その繰り返しなんだと思う。いつでも「本当の自分」を出せるようになりたいな。

 

本当の自分が、受け入れられるかは、好き好きがあると思うけど。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

 

「めんどうくさい」との闘いが始まった。

日記の始まり、始まり〜!

 

「めんどうくさい」との闘いが始まった。

うすうす気づいていた。私は怠け者なのかもしれない。色んなことが面倒くさくなっている。やる気がないのかもしれないし、怖がりなだけかもしれないが、やらない理由を探している。やらないのは楽だ。楽な方に動いているのかもしれない。動けば、何か楽しいことが起こる気がしても、それを面倒くさがっている。これは性格を変える必要があるのか。もっとアクティブになりたい。周りを見渡すと、勇敢なのだろうか、好奇心が旺盛なのだろうか、活発な人がいる。それに対して、生命力が低いのかもしれない。でも、生きる方法を探している。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

夢と現実を生きろ!

秋だ。秋だな。日記の始まり、始まり〜。

f:id:nakahiro28:20201104224125j:image

夢と現実を生きろ!

ちょっとわかったかもしれない。若い頃、夢を追っていた。夢を追うのは、楽しかった。しかし、フワフワして地に足がついていなかった。大人になって、現実を見るようになった。しかし、今まで現実を見ないで生きていたので、現実の残酷さに苦しくなった。そんなこんなで過ごしていて、最近気づいた。両方見れば良いんじゃないか?と。夢だけでも半分だ。現実だけでも半分だ。夢を見つつ、現実を生きれば良いのではないか?と。どちらも、この世界に存在するものだ。現実を直視するのは、しんどい。夢だけでも何かが足りない。夢と現実をごちゃ混ぜにして生きていけ!そんな事を本気で思った。

 

では、また。

ありがとうございました!!!