中野日記

裸一貫、たくましく!

雪よ、ようこそ。

スマホとパソコンのしすぎで、首と背中を痛めた。接骨院で治療を始めました。静かに暮らそうと思う。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191205211150j:image

雪よ、ようこそ。

ついに、岩手にも、この季節がやってきた。近年の私は「雪なんて嫌いだ!」みたいな感じで暮らしていたので、本当に嫌いになった。これが良くなかった。勝手に嫌いを増やしていた。今年は雪を楽しめたらと思う。雪にだって良いところもあるはずだ。ロマンチックだったり幻想的だったりするはずだ。冬の車の運転が怖いとか、散歩してるとズボンが濡れるとか、色々あるけど、雪にだって、魅力もあるはずだ。子どもの頃は、雪が降ったら楽しんでいたじゃないか!今年は、雪と仲良くなろうと思う。マジだ。

 

終わりに!

今、チョコレートを食べながら、日記を書いていたら幸せだった。よかった。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

どの口が言う。

人と会話する日々を送っている。日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191203145948j:image

どの口が言う。

最近、この言葉を覚えました。自分が何かを発言する度に、自分にツッコミが入る。どの口が言うのか。夢を語るのも自由だ。恋の話をするのも自由だ。仕事の話をするのも自由だ。未来の話をするのも自由だ。だけど、私は、そんな事をカッコよく言える存在なのか疑問に思うようになった。甘い態度を許さない人の前では、こてんぱんな目に合う。歌もそうだ。どの口が、その歌を歌わせるのか。私の発言は何なのか。根本から考え直さなければならない。

 

終わりに!

というわけで、周りで「どの口が言う」という言葉が流行ってまして、こんな日記を書きました。これを覚えてから、苦しみを味わうようになった。太宰治さんの「〜〜は、苦悩が足りない」みたいな発言が耳に残って離れない。私もまだまだ苦悩が足りないのかもしれない。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

1年ぶりに同じ場所で。

盛岡に行ってきました。日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191201173217j:image

1年ぶりに同じ場所で。

盛岡市総合福祉センターで「アートネットもりおか秋の芸術祭〜ボーダーレスアート〜」が開催されました。1年前にも参加していて、同じ場所で、また歌うというのは、なんだか感慨深いものがありました。1年で私は変わったのか。周りの環境は変わったのか。訪れた皆さんの顔を見たり、お話ししながら、展示されている作品を見ながら、なんとも言えない時間を過ごしました。

 

コンサートの時間には5組の出演者が出ました。皆さんの演奏を聴いていたら、私も全力を出そう、最高のパフォーマンスをしよう、みたいな気持ちが高まっていきました。それぞれの音色が、私に何かを訴えてきました。刺激をもらいました。

 

〈私の歌った歌〉

1.チャレンジ

2.なんとかなるさ

3.世の中は人手不足らしいからオレを必要としているはず

4.人間らしく

 

(アンコール)

5.父親すら説得できない俺に歌手になる資格はまだ足りない

 

終わりに!

というわけで、今、電車に揺られています。なんだか、1年の節目になるようなイベントでした。1年前と同じように電車で行って、アートネットもりおかの皆さんと合流する。それが、なんだか、あっ、この感じだ〜この感じだ〜みたいな気分になれました。寒くなっていく季節に、芸術祭を味わいました。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

永久の未完成これ完成である。

夕焼けがキレイだった。なんだかそれだけで良かった。そうなんだ。日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191127200217j:image

永久の未完成これ完成である。

宮沢賢治さんのこの言葉に出会った。宮沢賢治さんは、どういう意味で、この言葉を残したのか、私はよく研究をしていない。しかし、この言葉に出会った時、私はホッとしたのだ。心が楽になったのだ。例えば作詞作曲に関してだ。歌を作る。何度も作る。良いかもしれないという歌ができる。しかし、時間が経つと虚しさが訪れたりする。この歌は本当に良いのか。なんだか物足りなく感じる。だから、また作る。そして苦悩する。私なりに苦悩する。そして出来て、手応えを感じる。というようなことを、ずっとやっている。そんな時に、未完成は完成なんだよと言われ、救われた。このままでも良いのですか?とホッとした。たぶん、宮沢賢治さんは、きっともっとすごく意味のある深い言葉なのかもしれないけど、私は、勝手にホッとしたのだった。そうなんです。

 

終わりに!

そして、また作り始める。永遠に未完成のまま作り続ける。その先に何かが待っているのかもしれない。待っていないのかもしれない。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

水沢で夢のような時間を。

文章にしないで心に秘めておきたいこともある。だけど、伝えたいこともある。水沢で体験したイベントについて書きたいと思いました。日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191126144202j:image

水沢で夢のような時間を。

おうちカフェMIUMIUさんで行われた「ツジヤマガクさん」と「平井正也さん」と「ラプリラーズさん」のイベントに行ってきたんです。3時間ぐらいの音楽を浴びるコンサートを体験して、なんだかその後、ぼんやり過ごしている自分がいます。本当に衝撃をもらいました。ガクさんから、平井さんの歌を見た方が良いと誘われて、実際に聴いて、心をこんなに動かされた。ギター1本で、こんなに表現できるのかと、感情を表現できるのかと、盛り上げられるのかと、びっくりしました。「べいびー」という歌を聴いていたら涙が流れていた。涙を流せる自分が嬉しかった。僕の感情は、まだ死んでいないと思った。私は、このままで良いのかと思った。もっと魂を剥き出しにして生きないと死ぬ時に後悔するんじゃないかと思った。こんなに一生懸命に歌う人を見て、私はこのままで良いのかと思った。すぐにじゃなくてもいい。自分なりの魂を込めたいと思ったのだった。

 

ツジヤマガクさんの40分とかのコンサートを聴くのも初めてだった。(一曲だけを聴くとかは聴いたことがあった)ガクさんの言葉は日常の出来事がたくさん出てくる。だから、日々の暮らしの幸せってなんだろうとかすごい思った。私の暮らしは何なんだろうと思った。「考えすぎ」という歌をYouTubeで何度も聴いて、口ずさめるぐらい身体に入っている。それが生でリアルで曲が流れ始めた瞬間、これだこれだと、ここでも涙が流れた。本物だ!みたいな感じだったんだろう。ガクさんの作る雰囲気がすごいなぁと思った。

 

話は戻るけど、ラプリラーズさんの空気感にも触れたい。イベントの最初と最後に演奏を聴いて、なんだか2人の佇む雰囲気が、その奏でる2人の音楽になっているように感じた。最後の「となりのトトロ」の演奏は、お客さんの掛け声もあり、すごい会場を楽しくしてくれた。楽しかった。

 

終わりに!

水沢で過ごした数時間が夢のようだった。失礼な言葉を使っていないか心配になっています。でも、本当に、刺激をもらったし、涙をもらったし、情熱をもらった。それを経験して、私はどうする?どんな風に生きる?とぼんやり過ごしているのでした。

 

では、また。

本当にありがとうございました!!!

好きなものに対してなら心がキレイでいれる。

昨日、夜霧の中、車の運転をしました。視界が見えづらい中での運転は怖かった。恐ろしかった。なんとか家に着いたけど、こんな経験もアリかなぁと思った。何事も経験だ!では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191125115514j:image

好きなものに対してなら心がキレイでいれる。

「あなたの心はキレイですね」そんな風な言葉を頂きました。私は思う。好きなものに対してなら、誰だって、そうなんじゃないかと。私は思う。嫌いなものや苦手なものに対しての自分の反応の醜さを知っている。ならばと思う。世界にあるものを、なるべく好きになれたら、どうなるのだろうか。何にでも興味を持てて、何にでもプラスの反応を示せたら、どうなるのだろうか。そしたら、そんな心に映る世界は、いつもキラキラしているのだろうか。心は天気のようだ。刻々と変わっていく。もう再現できないような気持ちもある。それでも、まだ見ぬ人生で、出会ったことのない気持ちが訪れる瞬間を待ち焦がれている。

 

終わりに!

感情を揺さぶられる出来事に出会う。良い揺さぶられ方をすると、余韻がすごい。取捨選択をしながら、生活していきたいと思う。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

私もあなたも波乱万丈だよ。

久しぶりの落ち着いた休日を過ごしました。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191121162703j:image

私もあなたも波乱万丈だよ。

人という存在。道ゆく人とか、街ですれ違う人とか、一見、その人のことを何も知らないと、普通の人だなぁと何も思わなかったりする。でも、一度、その人の話に耳を傾けてみると、自分の経験したことのないようなスゴい人生を送っている。壮絶な人生とも言えるかもしれない。そのような話を聴いた時、1人も普通の人なんていない事に気づく。私もあなたも、濃厚で、楽しくもあり、悲しくもあり、一言で言い表せない波乱万丈な人生を送っていることに気づく。普通の人生なんてない。だからこそ、そんな人生を一生懸命、自分なりに、みんな生きてるんだ!私も、もがきながら、やって行こうと思ったのでした。

 

終わりに!

どんどん寒くなっていく。寒さを肌で感じるたびに、季節を強く感じる。いいねぇと思う。ゆっくりと毎日を味わいましょうか。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

最近、説教されなくなってきた。

真夜中にパンを食べてしまう自分に呆れている。本当に呆れている。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191120125909j:image

最近、説教されなくなってきた。

ふと思った。20代の始めぐらいなら30歳を越えても、様々な方から説教を受けていたんだけど、最近、そう言えば、されなくなったなぁと思った。説教とは「教え導くために言い聞かせること」と辞書に書いているけど、私に対する説教を大まかに要約するならば「もっと稼げ!」みたいなニュアンスの事だったと思う。なんで説教が減ったかを分析するならば「私が成長したから言う必要が無くなった」かもしれないし「言っても効果がないから諦められた、愛想を尽かされた」のかもしれない。どちらにしても、自分の周りの何かが変わった。でも、逆に、このままで良いのかとも思う。居心地の良い場所に滞在するのは、もちろん安心する。でも、それだけでいいのか。チャレンジしたくないのか?チャレンジをすると、また新しいライバルが現れて、闘いになり、何かダメージを食らうかもしれない。でも、それでも、少年漫画を読み続けて培った「冒険したい気持ち」が私の心を動かすのだった。

 

終わりに!

そんな事を友人に話していたら「私は中野さんに説教をされた事があります」と言われた。歴史は繰り返す。されて嫌な事を、人にもしている。もうどうしようもないなぁと、冬が近づく晴天な空をぼんやりと眺めたのだった。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

ほっとする場所。

よく晴れた日曜日。毎月恒例の「途良やものがたり」でした。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191117185253j:image

ほっとする場所。

私は思う。行く場所によっては「何かをしている自分」じゃないと、その場に滞在できない場所もある。もちろん、その場所は「何かをする」ための場所だから、しょうがないんだろう。ところが、コミュニティフリースペース「途良やものがたり」は、なんだか不思議だ。無理をしないで、そこに滞在する事ができる。私は、家にずっと居続けるのもしんどい。でも、他に訪れる場所が少ない。そんな事を悩んでいたと思う。自分の家じゃないけど、居心地が良い場所が欲しかった。途良やに行くようになって、生活が変わった。と、ここまで書いたところで「自分の家に人を呼ぶ事をなんであまりしないの?」と疑問が湧いたけど、ちょっとそれは、また別の機会に考えよう。ほっとする場所が欲しかったんだと思う。ほっとする場所は、生きていくことの助けになると思いました。

 

終わりに!

今日も集まってくれた方々が作り出す雰囲気の中、4時間を過ごしました。様々な話題が溢れ出す。自分がナイスな発言が出来なくても、色んな言葉を聴いているだけで、考えさせられる。自分は上手く伝えられたのか?会話の相槌ができたのか?窓の外がだんだん暗くなっていく部屋で、秋の夕暮れの何とも言えない時間を過ごせました。良い時間でした。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

イベントが好きかもしれない!

「なかのひろと弾き語りお茶会」が終わりました。充実感に溢れています。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191116173222j:image

なかのひろと弾き語りお茶会を終えて。

さくらホールで、3時間のイベント。10人のお客様が来ていただけました。歌を歌うようになって幾年。最近の気持ちは「私は歌いたいことを歌う、でも、それだけでお客様は満足するのか?来場者の方だって話したい事や伝えたい事がたくさんあるんじゃないのか?」です。というわけで、集まってくれた方が、話したいことを話せば、なんだか良い感じに会が進むのではないかと言う仮説をもとに、その場の雰囲気を頼りに、会は進みます。結果、たぶん上手く行きました。話が盛り上がったと思います。良い空気が流れました。私も何曲か歌って聴いてもらえて、有り難かったです。今、イベントを終えて充実感に溢れています。なんだか楽しかったです。

 

〈歌った歌〉

人間らしく

別れの悲しみ

励ましたい

世の中は人手不足らしいからオレを必要としているはず

上を向いて歩こう坂本九さん)

 

終わりに!(イベントが好きかもしれない!)

私は思いました。自分に合うイベントなら、私は物凄くイベントが好きなのかもしれない。世の中には、たくさんのイベントが開催されていると思う。それに行ったり、行かなかったり、迷ったり、行ったり。自分に合うイベントなら、めちゃめちゃ楽しいんじゃないのか?誰もが、その人に似合うイベントがあるのではないか。そんな事を思いました。関わった全ての皆様、今日はありがとうございました!!!良い1日でした。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

声が好き。

日が暮れるのが早くなった。あっという間に真っ暗になりますね。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191115194119j:image

声が好き。

たまに関わる方から言われます。「声が好き」と言われると嬉しい。かなり嬉しい。音楽において、歌手の声は、私にとって、かなり重要です。ゆずや、Mr.Childrenや、サザンオールスターズを好んで聴いているのも、声の魅力は大きいです。そんなわけで、自分も歌うにあたって「声が好き」と評価されるのは、かなり嬉しい。もちろん認められない時もありますが、それでも、気に入ってくれる人がいるから、今まで音楽活動が続けられたのだと思います。今日、ギターを持たないで、身一つで、歌ってました。サザンオールスターズの「涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜」と、ゆずの「心の音」を歌いました。歌っている時に、全身から声が出るように意識して歌いました。そしたら、すごく気持ち良かった。本当に気持ち良かったんです。全身を楽器にできるようになれたら、楽しいだろうなぁ。まだまだ模索中ですが、今日、何かを掴めた気がしました。歌って楽しいなぁと思いました。

 

終わりに!

そして、いよいよ明日は北上市のさくらホールで「なかのひろと弾き語りお茶会」です。どうなるでしょうか。何が起こるか分からない楽しみにワクワクしております。お待ちしておりますよ。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

大切な何かを忘れている気がする。

映画「ジョーカー」を観て、本当に衝撃を受ける。主人公が、あのようなことをしたのは、主人公1人の責任じゃないと思う。あんなに集中して夢中になれて、そんな自分が嬉しかった。そして友人に「なかのさんは、若い頃のロバートデニーロに似ているよ」と丁寧に言われる。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191114112011j:image

大切な何かを忘れている気がする。

道を歩いている時とかに思う。何かを忘れている気がする。なんだろう。忘れているんだよなぁ。でも、その何かを思い出せない。例えば、日々の暮らしを安定して送ることとの引き換えに「湧き上がる衝動」を抑えていることかもしれない。シンプルに「夢を追うこと」かもしれない。または「純粋な気持ち」や「物事に本気で熱中すること」かもしれない。大人として暮らすことを維持するために、何かを忘れている。正確には「忘れたふり」をしているような。このままでいいのだろうか。もう昔の自分には戻れないような気がする。だから、今の自分の資源を使って、今の1番を出していくしかない。忘れていることを思い出すことはできるのか。そんな事を考えながら今日も散歩をしている。

 

終わりに!

むしろ加齢の度に「何を忘れたか忘れた」みたいなヤバいことになっている。もうダメだ。でも、しっかり覚えていることもある。新しいことが全然覚えられないこともある。このまま、どうなっていくのか。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

厳しすぎて、ついていけない。

2018年の夏から、弁当屋さんの仕事をしている。つまり、1年5ヶ月目に突入している。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191109223417j:image

厳しすぎて、ついていけない。

一緒に働く人が厳しすぎるとついていけない。しんどい。それを相手に伝えてみました。「厳しすぎてついていけません。私は、昔、メンタルを病んでしまって、統合失調症という病気になり、2ヶ月ほど入院した経験があるんですが、その頃の状態に、今が似ています。このままの状態が続くと、病気が再発してしまうかもしれません。このままでは、お互いのためにならないと思うのですが」そして、「障害者手帳」を見せてみました。そしたら、それを分かってくれたのか、当たりが和らいだような。もちろん、まだまだ関係は続くので、これからどうなるか分かりません。でもただ一つ言えることは、言いたいことは言った方がいいなぁということ。言った後、心のモヤモヤが晴れました。今まで仕事を辞める時に「飽きたから」とか言って辞めてましたが、本当は厳しすぎてついていけなかったんじゃないのか。ついていけるなら、続けられるのではないかと思い直しました。

 

終わりに!

優しい言葉に救われる。厳しい言葉に精神が痛む。どちらの言葉も、この世の中の言葉だ。これからも、たくましくやっていかねばならない。

 

では、また。

ありがとうございました!!!

みずみずしくいようぜ。

落ち葉の上をカサカサと音を立てながら歩く。いいねぇ。では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191108095828j:image

みずみずしくいようぜ。

先日、イベントで友人のはしむかい君に教えてもらいました。私の歌(もしくは私自身)は「みずみずしい」と。これってすごく嬉しい!自分では、そう思ってなかったから。瑞々しい、水々しい。なんて美しい言葉でしょう。突発的にフレッシュレモンが脳裏に浮かんだ。油断すると、濁っていく自分に気づく。これは、他の人も、そうなのかもしれない。しかし、日々の生活の中で、潤いや温もりや喜びを感じる時間を増やせば、心は濁らない。何度も濁りそうになっても、そのスピードをゆっくりにする方法はあるんじゃないかと思う。もちろん濁ることはダメなのか?みたいな話にもなるんだけど、そこは、またの別の機会に考えよう。この先、何十年も過ごして行ったら、自分や周りはどうなって行くのだろうか。みずみずしいという言葉は、私の人生のキーワードになるのかもしれない。

 

終わりに!

まだまだ自分を追求できる気がする。はしむかい君のパフォーマンスを見たら、身体や心が、音楽と合体しているように見えた。全身で音楽を表現しているように見えた。それって凄いことだ。全身で音楽を奏でいた。私は、何と融合していこう。ギターなのか。歌なのか。言葉なのか。それとも、違う何かなのか。まずは、日々の暮らしを愛そうと思う。

 

では、また。

ありがとうございました!!

岩山で夢のような時間を。

岩山で歌ってきました!では、日記の始まり、始まり〜!

f:id:nakahiro28:20191105222859j:image

岩山で夢のような時間を。

今回のイベントの場所は、盛岡の岩山の喫茶GEN・K Iさんでした。何回か訪れているんですが、今までで1番満喫しました。盛岡の街並みが暮れていく。夕陽が差し込み、夜景になっていく。はしむかい君のピアノの音色が、それを包み込むように、空間を作っていく。本当に、その数時間が、夢のようで、なんて良い時間を過ごしているんだろうと、癒されるというか、切なくなるというか、満ち足りるというか、本当に贅沢な時間でした。

f:id:nakahiro28:20191105222909j:image

〈私の歌った歌〉

1.柿とみかん

2.なんとかなるさ

3.田舎者

4.ぽかぽか

5.励ましたい

 

主演のはしむかいくんから、オープニングアクトで歌ってほしいと誘われました。私は、なんだか嬉しかった。私で良いのか?と思った。でも、直感で参加したいと思った。最近の私の歌の傾向は「しんどいけどがんばっていこう!」みたいな雰囲気だと思う。それが、現在のはしむかい君の企画の意図に混ざりやすかったのだろうか。大学時代の友も駆けつけてくれて、嬉しい言葉をかけてくれた。本当に良かった。歌を続けていて良かったと思った。こんな気持ちになれるんだから、歌って良いなぁと思った。

f:id:nakahiro28:20191105223117j:image

今回のポスター。この絵を描いた千田さんとも話すことができた。はしむかい君を描いたこの絵。すごく魅力的で、優しくて、かわいらしくて。絵っていいですね。

 

終わりに!

北上から盛岡へ車で行き、また北上に帰ってくる。運転を継続していたら、だんだん運転に慣れてきた。岩手は広い。車での移動が得意になったら、イベントに積極的に行けそうだ。やはり、ネットとかテレビで情報を知るのも良いけど、現場でリアルを感じる体験も大事だなぁと改めて思いました。そこに行くと、生の何かに出会える。肌で感じたい。心で感じたい。そう思いました。

 

では、また。

ありがとうございました!!!